自動ブレーキも対象、安全性能評価は広がるか

欧米ではメーカーの開発方針を左右

では総合評価については、どのような基準になっているのか。

最低限満たすべき安全基準は、国際的にほぼ統一されている。それ以上の性能については、地域の交通事情(事故被害)に合わせた各国独自の基準による自動車アセスメント(NCAP)で評価し、メーカーに安全性能の向上を促すな仕組みになっている。

NCAPでは、米国のUSNCAP、欧州のユーロNCAPが先行、評価は多くの新型車を網羅し、消費者が車選びの参考にする。自動車保険にも影響し、結果としてメーカーの開発方針を大きく左右することになっている。

新型車のカバー率が低いJNCAP

日本でも1995年のフルラップ前面衝突試験(テスト車の前面すべてを壁にぶつける試験)からJNCAPがスタートし、2003年の歩行者衝突保護、2009年の乗員むち打ち対策など、順次、評価項目が強化されてきた。JNCAPは、欧米に比べて新型車に占める評価車のカバー率が低く、まだ、一般的な知名度も高くはない。

だが、メーカーにとっては気になる存在になっており、予想外に悪い評価が出ると、マイナーチェンジを加えて持ち込み、再評価を受けることも少なくない。今後、JNCAPでもさらに評価項目の拡充が進み、知名度も上がってくれば、安全性能の一段の向上につながるだろう。

なお、既存の衝突安全などの安全性能総合評価の結果は、毎年5月と11月の半年ごとに結果が公表される。そのうち各社の代表的な新型車についての結果を表にまとめた。現時点での最高得点は、トヨタ自動車の「クラウンハイブリッド アスリートS」の189.7点だ。詳細は、NASVAのウェブサイトhttp://www.nasva.go.jp/mamoru/car_search)で確認できる。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 実践!伝わる英語トレーニング
  • コロナ後を生き抜く
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT