「カワサキ」バイクは、なぜ急回復したのか

新興国で"趣味"としての需要が拡大

インドネシアでのPRイベントには、多くのKAWASAKIファンが集まった

川崎重工業の2輪(バイク)事業に元気が戻ってきた。

2013年度の同社「モーターサイクル&エンジン」部門の売上高は3100億円と前期から2割以上増え、部門営業利益は130億円(前期は23億円)前後まで改善する見込みだ。利益貢献額は、旅客機の構造部位などを製造する航空宇宙部門(250億円)に次いで大きく、今後も成長が期待されている。

総合重機メーカーの川崎重工にとって、2輪は唯一の消費者向けビジネス。最大のボリュームゾーンである小型は手掛けておらず、スポーツ・レジャー用途の中大型バイクに特化している点が特徴だ。

このため、2012年度の販売台数は50万台と、ホンダ(1549万台)やヤマハ発動機(609万台)、スズキ(231万台)に比べて格段に少ない。ただ、中大型分野では「NINJA(ニンジャ)」シリーズを中心に海外でも高い知名度を誇る。

4年連続で赤字を計上

かつて2輪事業といえば、川崎重工の最大の稼ぎ頭だった。得意の欧米市場で単価の高い大型バイクが売れ、2007年度までは安定的に200億円前後の利益を上げていた。

次ページ収益急回復、2つの理由
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。