NTTセット割解禁なら暗黒時代へ逆戻り

KDDI田中社長が規制緩和に猛反発

――最大手がセット割をすることで、通信費の引き下げがこれまで以上に進むという見方もできる。

目先の話だけなら、ユーザーは「安くなっていい」と思うかもしれないが、その後、どういう世界になるかは明らか。光回線では各社の競争が技術の進歩を後押しし、料金を下げ、世界一のインフラが整備された。モバイルも世界で2~3番目のインフラだ。しかし、競争がなくなれば、東京、大阪間の通話が3分間400円以上かかっていた20年前に逆戻りすることになる。こうした危機感は、ソフトバンクとも一致している。

――インフラとして、固定回線の重要度が増していくと主張している。

携帯基地局の9割以上は光ファイバーの有線につながっているからだ。現在の3.9世代と呼ばれるLTEから新しい通信規格に移行すると、データ通信量の増加に対応するため、基地局を小型化し、より細かく配置するようになる。すると、基地局につながる固定回線のコストも増えていく。その時、NTTが光回線を独占していたら、卸値が安くなるわけがない。これは恐怖だ。つまり、モバイルの議論にもかかわらず、論点としては固定になるのでわかりにくい。モバイルのコストは固定が作る時代になるということを、ぜひとも主張していきたい。

そのためには、現在の競争状態を維持しなければならない。KDDIも光回線でエリア化できているのは、関東地方と子会社による中部地方だけ。ケイ・オプティコムさんなど旧電力系でやられている会社もあるが、NTT西日本も値下げに動くなど、環境は厳しい。巨大企業に戦いを挑んでいるのが実情だろう。

田中社長は「公正な議論をしてほしい」と語る

――ソフトバンクの孫正義社長は「ドコモがわれわれと同じ土俵で戦うのは構わない」と発言している。田中社長の考えは?

そもそも、ドコモとNTT東西が連携するのはあり得ないこと。ドコモに課された禁止行為について、何がよいのか、悪いのかという点を明確に議論するのはいいと思っている。

孫さんも、ニュートラルに考えて、競争に影響を及ぼさない分野について「構わない」と言っているだけだと思う。十把一絡げに判断してしまうのは危険だ。たとえば、グループの金融会社「NTTファイナンス」との連携はどうなのか、これはまずい。すでにグループで一括請求をしてしまっているが、規制の趣旨からはずれている。ドコモを分離する流れから逆戻りし、NTTグループに有利な規制となれば、われわれはビジネスで困るし、国民にとってもよくない。公正な議論をしてほしい。

キャッシュバック競争を仕掛けたのはドコモだ

――現在の競争環境について聞きたい。3月商戦のキャッシュバックはやりすぎだったのでは?

競争を仕掛けたのはドコモだろう。iPhoneは新規も機種変更も0円にしている。3月後半にドコモがアクセルを踏んで、KDDIが追随する構図だった。当社も積極的に新規ユーザーを開拓する方針だったが、ここまでキャッシュバックが進むとは思っていなかった。コストコントロールはしているつもりだが、適切ではなかった。総務省から指導があったとの情報もあるが、実際にはなかったと思う。高額なキャッシュバックはいつまでも継続できるわけがなく、普通に考えれば年度末で終わるものだ。

次ページ価格以外の差別化要素は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
中国を知り尽くす異能の外交<br>官 垂秀夫 新中国大使

中国に幅広い人脈を持ち、アグレッシブな仕事ぶりで知られてきた垂秀夫・在中国大使。世界情勢が激動する中で国力差が開く日中関係をどう舵取りするのでしょうか。中国が最も恐れる男が日中関係のリアリズムを語ります。

東洋経済education×ICT