「ドコモ2カ月ぶり純増首位」のカラクリ

伸びているのは格安SIMカード

ドコモは今、「家族乗り換え3人で21万円キャッシュバック」という破格のキャンペーンを打っている

数字上は、NTTドコモが好調だ。3月7日に各社が明らかにした2月の契約者動向では、26万7900件の純増となったドコモが純増首位だった(ソフトバンクの純増数26万6000件、KDDIの純増数22万0500件)。昨年12月以来、2カ月ぶりの首位奪還である。

番号を変えずに携帯会社を乗り換える「携帯番号ポータビリティ(MNP)」は差し引き4万8100件のマイナス(流出超)。流出が続いていることは変わりないが、8万1000件のマイナスだった1月からは大幅に改善した。昨年9月のアイフォーン5s導入以降では、最も少ないマイナス数となった。

これらの指標から、ドコモは勢いを取り戻しつつあるかのように見える。しかし、「アイフォーンの販売が好調で純増トップを獲得した」「他社への流出にもブレーキが掛かった」という風に考えるのは早計だ。

月次データの詳細を見ると、ドコモのスマホ向けネット接続サービスである「SPモード」の契約数はほぼ横ばい。アイフォーンなどを中心とした純増であれば、こちらの数値が上昇していなければおかしいのだが、伸びていないのだ。また、デジタルフォトフレームや自販機向け通信機器などを含む「通信モジュール」を見ても、1月に比べて3300件しか増えていない。

MVNOのおかげ?

ここから考えられるのは、契約純増数のうち、多くを占めているのが、MVNOが提供する「格安SIMカード」なのではないか、ということ。MVNOとは、ドコモなど、通信会社のネットワークを借りて通信サービスを提供する会社のことで、ドコモの契約数としてカウントされている。代表的なMVNOは、NTTコミュニケーションズ、インターネットイニシアティブ、日本通信など。こうした事業者は、格安のスマホ向けサービスを提供している。KDDI、ソフトバンク(グループ会社のイーモバイルを除く)は外部事業者に回線を提供していないため、みなドコモの回線を使用している。

次ページ月額1000円以下が人気に
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT