米ミシガン大消費者信頼感指数、82.6に

昨年7月以来の高水準、市場予想上回る

4月11日、ロイター/ミシガン大学が発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。写真はニューヨークの百貨店で2012年11月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 11日 ロイター] -ロイター/ミシガン大学が11日に発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は82.6と、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。景気現況指数、消費者期待指数とも上昇した。

消費者信頼感指数は、市場予想の81.0を上回った。

調査責任者のリチャード・カーティン氏は声明で「消費者の耳に入る経済ニュースの内容が4月初めに明るさを増した」と指摘。「雇用変動に関する報告がトータルで見て好転したほか、現在の経済政策への否定的な見方も後退した」と話した。

景気現況指数は97.1で、95.7から上昇、市場予想の96.3を上回った。

消費者期待指数は73.3で、70.0から上昇、市場予想の71.4を上回った。

向こう1年間のインフレ見通しが3.1%と3.2%からやや低下、5─10年見通しは3.0%で2.9%から小幅上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
いま知っておきたい<br>天皇と日本史

「後醍醐天皇は超独裁者にして一流文化人」「光格天皇が朝廷の権威を高めたから維新が起きた」「昭和天皇は戦争指導に熱心だった」。有力学者による歴代天皇の研究で歴史を振り返りつつ、現代の天皇・皇室像を考える。