米ミシガン大消費者信頼感指数、82.6に

昨年7月以来の高水準、市場予想上回る

4月11日、ロイター/ミシガン大学が発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。写真はニューヨークの百貨店で2012年11月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 11日 ロイター] -ロイター/ミシガン大学が11日に発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は82.6と、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。景気現況指数、消費者期待指数とも上昇した。

消費者信頼感指数は、市場予想の81.0を上回った。

調査責任者のリチャード・カーティン氏は声明で「消費者の耳に入る経済ニュースの内容が4月初めに明るさを増した」と指摘。「雇用変動に関する報告がトータルで見て好転したほか、現在の経済政策への否定的な見方も後退した」と話した。

景気現況指数は97.1で、95.7から上昇、市場予想の96.3を上回った。

消費者期待指数は73.3で、70.0から上昇、市場予想の71.4を上回った。

向こう1年間のインフレ見通しが3.1%と3.2%からやや低下、5─10年見通しは3.0%で2.9%から小幅上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT