米ミシガン大消費者信頼感指数、82.6に

昨年7月以来の高水準、市場予想上回る

4月11日、ロイター/ミシガン大学が発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。写真はニューヨークの百貨店で2012年11月撮影(2014年 ロイター/Carlo Allegri)

[ニューヨーク 11日 ロイター] -ロイター/ミシガン大学が11日に発表した4月の米消費者信頼感指数(速報値)は82.6と、昨年7月以来9カ月ぶりの高水準だった。景気現況指数、消費者期待指数とも上昇した。

消費者信頼感指数は、市場予想の81.0を上回った。

調査責任者のリチャード・カーティン氏は声明で「消費者の耳に入る経済ニュースの内容が4月初めに明るさを増した」と指摘。「雇用変動に関する報告がトータルで見て好転したほか、現在の経済政策への否定的な見方も後退した」と話した。

景気現況指数は97.1で、95.7から上昇、市場予想の96.3を上回った。

消費者期待指数は73.3で、70.0から上昇、市場予想の71.4を上回った。

向こう1年間のインフレ見通しが3.1%と3.2%からやや低下、5─10年見通しは3.0%で2.9%から小幅上昇した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 性暴力サバイバーの明日
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
不動産バブル崩壊前夜<br>あなたの街は大丈夫?

日増しに強まる「不動産価格は高すぎる」の声。融資姿勢の厳格化など、バブルは崩壊前夜の様相を呈している。投資市場と居住用実需の現場に迫るほか、首都圏主要駅別に2025年の地価を予測、下落率を一覧にした。