米JPモルガン第1四半期は、19%減益

トレーディング収入減、ダイモンCEOは楽観的

4月11日、米JPモルガン・チェースが発表した第1・四半期決算は、純利益が前年同期比19%減った。写真はジェイミー・ダイモンCEO。ワシントンで2013年10月撮影(2014年 ロイター/Jason Reed)

[11日 ロイター] -米JPモルガン・チェースが11日発表した第1・四半期決算は、純利益が前年同期比19%減の52億7000万ドル(1株当たり1.28ドル)となった。トレーディング収入の減少が響いた。

トムソン・ロイター・エスティメーツがまとめたアナリストの1株当たり利益の予想平均は1.40ドルだった。

純収入は8.5%減の229億9000万ドルと、アナリスト予想平均の245億3000万ドルを下回った。

JPモルガンの株価は時間外取引で3.3%安の55.50ドルとなった。

ジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は声明で、「われわれの経済への信頼感は増している。消費者や企業の財務状態は改善しており、住宅市場はほとんどの地域で最悪期を脱している」とし、楽観的な見方を示した。

第1・四半期の部門別では、フィクスト・インカム業務の収入は21%減の38億ドル、エクイティ関連業務の収入は3%減の13億ドルとなった。

リテール銀行業務の収入は10%減の104億6000万ドルだった。

3月末の総資産は2兆4800億ドルと、12月末の2兆4200億ドルから増加した。

レバレッジ比率は3月末に5.1%となった。

人気記事
トピックボードAD
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • なにわ社長の会社の磨き方
  • 高城幸司の会社の歩き方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
携帯料金は4割下がる?<br>「高い」の根拠を徹底検証

菅官房長官の「4割下げられる」発言の数値的根拠は正当か? やり玉に挙がるキャリア3社の携帯通信料金の解明に担当記者が挑む。結論は「高いとはいえないが、キャリアは儲けすぎ」。取られすぎと感じる人必読の渾身リポート。