子どもがゲーム依存になる前に試したい3法則

時間管理アプリや良質なマンガをうまく活用

1:ルールを「自分で」決めるよう促す

まず、ゲームを1日どれくらいやるのかのルールを、本人に考えさせました。もちろん、子どもだけで考えると、ものすごくゆるいルールを提示するので、そこは親も「意見」として話しながら、子どもが納得のいく条件まで落とし込みます。

ルールを本人に考えさせ、話し合って決めた内容を”自分で”紙に書いて目に見える場所に貼っておく(写真:Domani)

ここで重要なことは「自分で決めた」と感じさせること。話し合って決めたルールを”自分で”紙に書いて目に見える場所に貼っておくと、より自覚が生まれると思います。もう一つ重要なこととして「破ったときのルール」まで決めること。やるときのルールは決めても、破ったときにどうするのかまで詳細に決めておくと、罰がよりリアルに感じられます。

子どものごまかしがきいていたゲーム時間の管理は…

2:判断は冷静に、ゲーム機連動アプリの「みまもりスイッチ」で管理

ゲームをしている子どもに、時計を見ながら時間管理させるのは至難の業であること、私が仕事をしている時間は、いつどれくらいゲームをしているのか判断しづらいということもあり、なんだかんだと子どものごまかしがきいていたゲーム時間の管理。

そこで私はゲーム機と連動している「みまもりスイッチ」のアプリを活用して、いつどれくらいゲームをやったのか、記録し始めました。ゲームをやっている時間が記録され一目瞭然なのでとても便利です。

ゲーム機と連動している「みまもりスイッチ」のアプリを活用(写真:Domani)

制限時間に近くなるとアラーム音が鳴り教えてくれるので、子どもだけでも時間管理ができるようになります。それに、約束を守ったのか・そうでないのかのごまかしが一切きかないガジェットなので、時間を守らなかったときのぐうの音がでないように管理できるのも利点!

次ページ「わざと」ルールを破らせた
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
京セラのガラパゴススマホ「トルク」がたどり着いた境地
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
「雑談で笑いを取れない人」が知らない基本原則
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激動相場に勝つ!<br>株の道場

6月18日発売の『会社四季報』夏号が予想する今期業績は増収増益。利益回復に支えられる株価が上値を追う展開になるか注目です。本特集で株価が動くポイントを『会社四季報』の元編集長が解説。銘柄選びの方法を示します。

東洋経済education×ICT