コロナ後に切られる人・必要とされる人の岐路

激変する雇用環境で生き残るための方策とは

アフター・コロナの時代は、感染症、自然災害、経済変動など、ますます不確実性が増大していく時代となる。だから、自分のキャリアのリスク管理戦略を考えておくことが必要だ。

その答えを、いろいろな分野に手を出して、いろんなことをできるようにしておくことだと考える人もいると思う。しかし、それは間違いである。いろんなことが中途半端にできる人を欲しいという会社はない。転職市場では、本当のプロフェッショナルが求められている。

従来の日本企業で行われてきたような営業→SEや、SE→経理といったゼネラリスト型人事は、何のプロでもない、売るべきスキルを持たない社員を作りだすことになり、労働者のリスクを増大させてきた。

ヘッドハンターから、「あなたは何ができますか?」と聞かれると、多くの日本の大企業の部長が「○○会社の部長ならできます」と答えたという笑い話を聞いたことがあるが、これこそがゼネラリスト型人事の弊害である。

専門バカとしてプロの道を究める

新卒一括採用され、会社への忠誠を誓わされ、脈絡のない人事異動を続け、入社15年経つと課長に昇進、25年経つと部長に昇進してきたという人には、社外でも売ることができる専門的スキルが身につかないのである。こうしたゼネラリストの持っている能力は、社内人脈とその調整能力だけで、特定分野の仕事のスキルは浅いものでしかない。

その一方で、地味かも知れないが、経理一本で25年やってきた経理マンは立派なプロフェッショナルだ。業種が変わっても、同じ経理なら仕事ができる。自動車エンジン設計のエンジニアを30年やってきた人も、同じエンジン設計の分野での転職が可能である。

つまり、アフター・コロナの世の中では、プロフェッショナル化を目指し、専門バカと言われるぐらいに自分の道を突き詰めていくことが正しい道となる。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人材戦略から儲けのからくり<br>まで コンサル全解明

人材の争奪戦が過熱し、年収水準もうなぎ登りに。デジタル化を背景にコンサルティング業界は空前の活況を呈しています。本特集ではコンサル業界の動向やビジネスモデルを徹底解説。コンサル会社を賢く選び、上手に活用していくノウハウを紹介します。

東洋経済education×ICT