【産業天気図・ガラス・セメント】ガラスに液晶パネル需要も、セメントは内需激減、業界は生産力リストラへ、10年9月まで「雨」続く

予想天気
  09年10月~10年3月    10年4月~9月

ガラス・セメント業界は2010年9月まで終始「雨」が続く見通しだ。特にセメントは、内需縮小に歯止めがかからず「大雨」というべき厳しさ。業界横断的に、生産能力削減を軸とした構造改革が進みそうだ。

セメントの国内需要は、ピークだった1990年の8628万tから、2008年には4割減の5050万tに落ち込んでいる。さらに業界首位の太平洋セメント<5233>は、09年には4250万t(前年比15%減)とピーク比半分の水準を予想している。「セメント業界は奈落の底に向かっている」(徳植桂治・太平洋セメント社長)という厳しさだ。

かつてはセメン内需の60%を占めた公共投資(官需)の縮小に加えて、08年9月のリーマンショック後は民間設備投資、住宅投資の急減が追い打ちをかけている。民主党政権の「コンクリートから人へ」という政策も業界のマインドを冷やす。このため太平洋セメントは10年度、国内生産能力の30%削減を骨子とするリストラに踏み切る。

また、国内セメント内需の7割は生コン向け。生コン需要もピークに比べて半減しているが、生コン工場の生産能力は2割しか減っていない。生コン業界の構造改革も待ったなしの段階に来ている。

一方、ガラス業界は液晶パネル用基板を主体に、電子用ガラスの回復がめざましい。旭硝子<5201>によると、7~9月期は過去最高の水準になったという。このため、旭硝子の今09年12月期は、前期比減益ながら2度の増額修正を行う回復ぶりとなった。

ただ、リーマンショック後の自動車用、建築用の減収の影響は厳しい。09年1~3月を底に自動車用は回復に向かっているが、建築用は依然内外で厳しい状況が続いている。業界2位の日本板硝子<5202>は電子用の比率が10%以下と低く、日本、欧米市場の自動車、建築用に依存していることから、今10年3月期は営業赤字が続く見通しだ。
(内田 通夫)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
ヤマダ、社長離脱でにわかに再燃する「後継問題」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
私大トップ校の次の戦略<br>早慶上理・MARCH・関関同立

受験生確保や偏差値で高い水準を誇る関東・関西のトップ私大13校。少子化や世界との競争といった課題に立ち向かうための「次の一手」とは。大きく揺れる受験動向や、偏差値や志願倍率と比べて就職のパフォーマンスが高い大学・学部なども検証します。

東洋経済education×ICT