コロナ終息後に「東京一極集中」は変わるのか

それでも人々が「東京」を選んで住む理由

④居住地域に住みたくない理由
「地域に愛着を感じないから」:24.4%
「騒音・振動・大気汚染など周辺環境がよくないから」:23.4%
「通勤・通学に不便なところだから」:21.1%
⑤東京の住みよさ:東京は全般的にみて住みよいかどうか
「住みよい」:63%(前年比2ポイント増加)
「住みにくい」:6%(同1ポイント減少)
⑥東京定住志向:東京に今後もずっと住み続けたいか
「住みたい」:76%(前年比3ポイント減少)
「住みたくない」:10%(前年とほぼ同様)
⑦東京に住みたい理由
「交通網が発達していて便利だから」:75.4%
「東京に長く暮らしているから」:43.1%
「医療や福祉などの質が高いから」:26.6%
⑧東京に住みたくない理由
「人や車が多過ぎるから」:50.0%
「生活費が高いから」:46.2%
「住宅が狭い・密集など住宅事情が悪いから」:32.4%
「通勤・通学ラッシュがひどいから」:29.7%

「東京に住みたくない」と答えた人はどんな属性か

東京に住むこと、住み続けることに関してかなり多くの都民が肯定的な回答をしていることがわかる。「今後も住み続けたくない」という人は10%程度だった。

もう少し詳しく見てみると、東京定住志向の高い人(今後も東京に住みたい人)は、「東京生まれ」が83%で、「東京生まれ以外」の70.4%よりも13ポイントも高い。居住年数別では、「居住年数1年未満」は「住みたい」が31.6%だが、「同30年以上」になると82.4%に跳ね上がる。当然のことかもしれないが、「東京生まれで居住年数が長い」人ほど定住志向が高い。

逆に東京に住みたくない人の特徴はどうか。その理由について年代別で見ると、「人や車が多過ぎる」は30代が73.3%で最も高い。「通勤・通学ラッシュのひどさ」も30代の53.3%が突出している。「生活費が高いから」「住宅が狭い・密集しているなど住宅事情が悪いから」は60代が最も高く、それぞれ70.0%、55.0%だった。

30代で住みたくないと回答した人は「過密さと交通」、60代の人は「生活コスト・住宅事情」がネックとなっているようだ。

次ページ実際の人の移動の状況はどうなっているのか
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • おとなたちには、わからない
  • 子育てと介護「ダブルケア」の現実
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
なぜ取締役会に出席しない?<br>会社側の苦しい「言い訳」

役員会に出席せず改善の兆しがない取締役は、機関投資家や議決権行使助言会社から厳しい目を向けられています。株主総会招集通知から、取締役・社外監査役の取締役会出席率を独自集計し、欠席の多い人のランキングを作成しました。安易な選任の実態は?