43歳で"実家を捨てた"女性が語った絶望の過去

「シンデレラみたい」長年癒えなかった傷

43歳で地元を離れた葉子さん(仮名)。その過去と現在とは?(写真:筆者撮影)

養子を迎えた家族や再婚家庭など、血縁がなくても良い関係を築く親子はたくさんいます。親子の関係に血縁はさほど重要ではなく、むしろ血縁がない家族を異端視する世間の目に苦しむ人がいることも、最近はだんだんと知られるようになってきました。

一方で、継母や継父、親の交際相手から子どもがいじめられる、虐待されるといった話は、昔からよくあります。“中途養育”であるとき――なにかしらの理由で第三者の大人が途中から子育てにかかわるとき、子どもと良い関係を築けないケースがそれなりに生じることは、否定できないでしょう。

今回連絡をくれた野田葉子さん(仮名)も、そうした経験を持つひとりです。葉子さんは、幼少期に継母や実父から酷い扱いを受け、その後、彼女を引き取った祖母からもつらく当たられ続けました。地元を離れて「何でもできる気持ち」になったのは、つい最近のことだといいます。

故郷の九州を離れて葉子さんがいま暮らすのは、すべてを包み込むような美しい山を間近に臨む、穏やかな街です。よく晴れたある日の午後、広々としたホテルロビーのカフェで、彼女と落ち合いました。

「シンデレラみたい」な私

両親が離婚したのは、葉子さんが0歳のときです。調停を経て、葉子さんは父親に引き取られました。父の実家は自営業を営んでおり、祖父母が葉子さんの子育てをフォローできたからです。

父親は、葉子さんが1歳のときに再婚しました。実家を出て、相手の女性と3人で暮らし始めましたが、物心がつく前だったため、葉子さんは継母を実の親だと思っていたそう。

葉子さんが2歳のとき、父と継母の間に実子が生まれます。葉子さんはこの妹と、あらゆる面において、違う扱いを受けてきました。

お刺身もハンバーグも妹は食べているのに、彼女は「大人の食べ物だから」と言われ与えてもらえない。いつも怒られ、押し入れの下の段か風呂場のすのこに正座をさせられる。ベランダに出されることもしょっちゅうで、階段から突き落とされたこともありました。

「私のちっちゃいときって、正座しているか、『ごめんなさい』って泣いていて、妹がその周りで遊んでいる。それぐらいのことしか覚えていなくて。いつも大泣きして、もどして洗面所を詰まらせちゃって、それでまた怒られていたんですよね(苦笑)」

次ページ虐待が発覚し…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT