激増「在宅勤務疲れ」を予防する5つのコツ

在宅勤務8年の筆者はこうして心身を整える

「働き方のメリハリがなくなった」「集中力がキープできない」…。長引く在宅勤務をきっかけに、心身に不調を来たす人も増えている。どうしたらいいのか?(写真:A_Team / PIXTA)

4月7日に7つの都府県で緊急事態宣言が出され、その後全国に拡大されたことで、在宅勤務で仕事をする人が増えています。この記事を書いている4月末時点では、5月6日までの緊急事態宣言は延長の方向ということですし、多くの企業では当面在宅勤務を続ける可能性が高そうです。

そんな中で聞こえてくるのは、ずっと家にこもって仕事をするうちに溜まる「在宅勤務疲れ」や「コロナ疲れ」です。欧米に比べて日本の家は狭いので、余計にストレスが溜まりやすいでしょう。そうした心理状態に対して心理学者やカウンセラーがさまざまなアドバイスを発信しています。専門家の言うことなので、有効なものだと思いますが、私は少し別な視点から「在宅勤務疲れ」への対策と今後についてお話をしたいと思います。

きちんと身支度をして、家の中に「出勤」する

私は2012年にサラリーマンを定年退職して独立後、8年間にわたって講演や執筆活動を続けています。講演は多いときは年間140回以上ありますが、それを除けば、あとは家で土日も関係なく執筆する毎日ですので、時間的にいえば1年の4分の3ぐらいは「在宅勤務」をやっています。そんな私の経験から、在宅勤務でこれをやれば良いと思われる、そして私自身が実践している5つのポイントを紹介します。

1つ目は毎朝ヒゲを剃ることです。私は、外出するしないにかかわらず、平日は必ず起きたらヒゲを剃るようにしています(私はヒゲをたくわえているので、剃るというよりも整えるというほうが適切ではありますが)。女性の場合だと、お化粧をするということになるのかもしれません。

2つ目は、楽な格好ではなく、ワイシャツとズボンを着ることです。家に居ると、つい起きたままの状態で、パジャマやジャージを着て過ごすことが多くなると思います。でも、これも起きたら着替えるようにするのです。さすがにスーツやネクタイまで身に着ける必要はありませんが、少なくとも襟付きのシャツとズボンは着たほうが良いいでしょう。

この2つは、いわば「会社に出勤する前のルーティン」です。面白いもので、これらをすることで仕事モードに入ることができます。「在宅勤務」は、ややもすれば時間の経過に流されてしまいがちです。それをこんな簡単なことで防ぐことが可能になるのです。

次ページ残り3つの実践的な対策は?
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。