米新規失業保険申請、過去5週間で2600万件  

前週の523万7000件から減少だがなお高水準

米労働省が23日発表した18日終了週の新規失業保険申請件数は442万7000件と、前週から減少したものの高水準を維持し、過去5週間の申請件数は2600万件に達した。アーカンソー州フォートスミスの就職センターで6日撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[ワシントン 23日 ロイター] - 米労働省が23日発表した18日終了週の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は442万7000件と、前週の523万7000件(下方改定後)から減少したものの高水準を維持し、過去5週間の申請件数は2600万件に達した。市場予想は420万件、予想上限は550万件だった。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 本当は怖い住宅購入
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
おうちで稼ぐ、投資する!<br>在宅仕事図鑑

コロナ禍の下、世代を問わず広がったのが「在宅で稼ぐ」ニーズ。ちまたにはどんな在宅仕事があり、どれくらい稼げるのか。パソコンを使った「デジタル小商い」と「投資」に分け、誰にでもできるノウハウに落とし込んで紹介します。

東洋経済education×ICT