米コカ・コーラの1-3月期決算は予想上回る

4-6月期以降の業績は果たしてどうなるのか

米飲料大手コカ・コーラが21日発表した第1・四半期決算(3月27日まで)は、売上高と利益が予想を上回った。カリフォルニア州エンシニータスで昨年6月撮影(2020年 ロイター/Mike Blake)

[21日 ロイター] - 米飲料大手コカ・コーラ<KO.N>が21日発表した第1・四半期決算(3月27日まで)は、売上高と利益が予想を上回った。一方、今第2・四半期については、新型コロナウイルスの影響が響くと警告した。

株価は寄り付き前の取引で約2%上昇。

第1・四半期の純売上高は1%減の86億ドル。リフィニティブのアナリスト予想平均は82億8000万ドルだった。特別項目を除く1株利益は0.51ドル、市場予想は0.44ドルだった。

新型コロナの感染抑制に向けた非必須事業の営業停止に伴い、全世界の販売数量は今月に入り約4分の1減少。第2・四半期は新型コロナの影響が大きくなるとした。ただ、都市封鎖に伴う買いだめから、一部市場で在庫積み上げの動きが見られたほか、ネット販売も急増した。

バークレイズのアナリストは「第1・四半期は非常に好調だったものの、今期予想は非常にさえず、先行きの見通しは不確実性が高い」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。