花見できない弘前…新幹線青森開業10年目の涙

新型コロナが青森県内有数の観光都市に影響

3度目の衝撃が走ったのは4月8日だった。「フェイスブックやインスタグラムなど、SNSでの桜の開花情報の投稿、拡散はご遠慮いただきたい」。

櫻田市長は定例記者会見でこう要請した。さらに、さくらまつり中止と公園閉鎖、SNS投稿自粛要請に至る経緯を同月10日、市民に直接、ビデオメッセージを通じて説明した。

「さくらまつりを中止しても、桜が咲けば市内外から多くの方が桜を観ようと来園されることが想定されます。中には発症していないものの、新型コロナウイルスに感染している人がいるかもしれません。緊急事態宣言が発令され、国を挙げて、さらなる感染拡大の防止を図ろうとしている。そのためには、国内移動を極力少なくすることが必要であると思っております。弘前公園の桜は、国内移動を誘発する要因になると思っております。また、フェイスブックやインスタグラムなどのSNSでの桜の開花情報の投稿、拡散は、弘前さくらまつりへの誘発につながるかと思っております。それも、ご遠慮いただければと思っております」(市長メッセージから・原文のまま)

賛否の声、新聞社も報道自粛

咲き誇るソメイヨシノにカメラを向ける人々と無意識のうちに撮影場所を争い、肩やひじをぶつけた合った記憶は、筆者も数え切れない。そして、まつりがなくても、公園が閉鎖されても、日常の通勤・通学路から、桜は視界に飛び込んでくる。国内外の人々を魅了してきた弘前公園の桜は、やはり、人垣をつくらずにはいられないのでは……。思案の末、櫻田市長が下した決断だった。

弘前城の追手門。今は固く閉ざされている=2019年4月(筆者撮影)

全国でも例をみない要請には、賛否の声が上がった。実効性を疑問視する意見もあった。一方で、外堀沿いに本社がある地域紙・陸奥新報は4月10日、市の方針を受け、桜に関する報道を自粛することを明らかにした。「メディアとしての使命を自ら一部制約する苦渋の決断です」「ソメイヨシノが散ったゴールデンウィーク明け以降、回顧写真での報道を予定しています」。同社はサイトで告知した。

市民の「春を喜び、桜の感激を伝える喜び」を封じてよいのか。何より、いわば弘前固有の、やむをえない事情や環境による苦渋の決断が、「行政による表現の規制、封殺」の「前例」という形でハレーションにつながらないか――。自分でも整理しきれない思いを抱え、筆者は4月10日夜、メッセンジャーで市長の真意を尋ねた。

直後に、短い答えが届いた。「市民の命と健康を守らなければならない、ただそれだけで、法的根拠や権限のない一市長のお願いです」。

次ページ苦悩の決断、市長の胸の内
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今見るべきネット配信番組
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • インフレが日本を救う
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT