鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

自民党を破って誕生した民主党・鳩山由紀夫政権。四代150年にわたる政治家一家である鳩山ファミリーの文字どおりの権力、そしてカネと欲をノンフィクション作家が詳細に検証する。

四代のうち二人までが総理の座についた名門一族の歴史が暴かれる。初代が一代で築きあげた莫大な財産。鳩山家の男たちを陰に陽にコントロールしてきた母や妻たちの存在。由紀夫・邦夫兄弟の母親がブリヂストンの創業者の娘であることにかかわる潤沢な資金源の謎。あるいは、鳩山一郎が保守合同で首相になる過程で暗躍した人びと。

鳩山家の栄光の陰にはすさまじい権力闘争があり、日本近現代政治の暗部も見え隠れする。

文春新書 945円

  

関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。