鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

自民党を破って誕生した民主党・鳩山由紀夫政権。四代150年にわたる政治家一家である鳩山ファミリーの文字どおりの権力、そしてカネと欲をノンフィクション作家が詳細に検証する。

四代のうち二人までが総理の座についた名門一族の歴史が暴かれる。初代が一代で築きあげた莫大な財産。鳩山家の男たちを陰に陽にコントロールしてきた母や妻たちの存在。由紀夫・邦夫兄弟の母親がブリヂストンの創業者の娘であることにかかわる潤沢な資金源の謎。あるいは、鳩山一郎が保守合同で首相になる過程で暗躍した人びと。

鳩山家の栄光の陰にはすさまじい権力闘争があり、日本近現代政治の暗部も見え隠れする。

文春新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT