鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

鳩山一族 その金脈と血脈 佐野眞一著

自民党を破って誕生した民主党・鳩山由紀夫政権。四代150年にわたる政治家一家である鳩山ファミリーの文字どおりの権力、そしてカネと欲をノンフィクション作家が詳細に検証する。

四代のうち二人までが総理の座についた名門一族の歴史が暴かれる。初代が一代で築きあげた莫大な財産。鳩山家の男たちを陰に陽にコントロールしてきた母や妻たちの存在。由紀夫・邦夫兄弟の母親がブリヂストンの創業者の娘であることにかかわる潤沢な資金源の謎。あるいは、鳩山一郎が保守合同で首相になる過程で暗躍した人びと。

鳩山家の栄光の陰にはすさまじい権力闘争があり、日本近現代政治の暗部も見え隠れする。

文春新書 945円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 今日も香港から
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
新型肺炎の「致死率」<br>武漢だけ突出する理由

新型肺炎による死亡者は、湖北省、とくに武漢に集中しており、致死率は他の省を圧倒しています。この理由と背景は? 本誌デジタル版では、現地から果敢な報道を続ける中国「財新」特約の連載「疫病都市」を配信しています。