ネットフリックスはいったい何がスゴいのか

1億ドル基金で世界中の映像制作支援の理由

世界最大の動画配信企業がコロナ対策に乗り出しました(2020年 ロイター/DADO RUVIC)

コロナショックが深刻化する中で、エンターテインメント業界への影響が心配されています。日本よりもコロナウイルスの感染拡大がディープな状況となっているアメリカでは、ソーシャル・ディスタンシング(社会的距離)の規制が極めて厳しく、同業界に従事する人達への影響は多大なものとなっています。

このような状況の中で、動画配信大手であるネットフリックスでは新型コロナウイルスの感染拡大の影響で収入減に陥っている俳優や制作スタッフを含む「クリエイティブ・コミュニティー」を支援するため、1億ドル(約110億円)の基金を立ち上げました。

コロナショック下の映像制作を支援

3月20日に同社のテッド・サランドス最高コンテンツ責任者(CCO)が投稿した公式ブログに、基金についての想いや具体的な取り組みが述べられています。その中で、サランドスCCOは、「COVID-19がもたらした危機は、クリエイティブ・コミュニティーを含む多くの業界に壊滅的な打撃を与えています。ほぼすべてのテレビや映画の制作が世界中で止まり、それによって何十万人ものスタッフやキャストが職を失っています」、「基金の多くは、最も大きな打撃を受けている世界中の制作スタッフの支援に使われます。さらに、私たち自身への支援だけでなく、より幅広い映画・テレビ業界にも協力したいと考えています。そのため、1500万ドルは、私たちが大規模な制作拠点を持つ国で、仕事がないキャストを救済するために、第三者機関や非営利団体に向けて拠出されます」とコメントしています。

2020年3月20日に投稿されたテッド・サランドスCCOのブログ(出所)ネットフリックス公式ブログ

拙著『経営戦略4.0図鑑』でも取り上げているネットフリックスの特徴や強みについて考察していきます。

ネットフリックスの設立は1997年に遡ります。創業時は、DVDのオンラインレンタル事業を行っていました。その後、ネットフリックスは定額制のレンタルサービスをスタートさせて会員数を増やし、DVDのレンタル市場においてトップに立ちます。

現在のようなインターネット上での動画配信サービスに移行したのは、創業から10年近く経った2007年です。2012年には、いち早くオリジナルコンテンツの制作に取り組んで競合他社との差別化に成功し、現在では全世界に1億 5800万人以上の会員を持つに至っています。ネットフリックスは、いまや、世界最大の動画配信サービス企業です。

次ページ世界最大の動画配信企業の意外な実態
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
“臭いものに蓋”で終わるのか<br>JDI「不正会計」の晴れぬ闇

ジャパンディスプレイが不正会計について、第三者委員会調査報告書を公表しました。しかしその内容は有識者8人のうち7人がF(不合格)の格付けをするほどの低評価です。自殺した社員に責任を押し付ける報告書の詳細をリポートしました。