米ベスト・バイ、時間給従業員5.1万人一時解雇

3月21日から4月11日の売上高は30%の大幅減

米家電量販大手ベスト・バイは15日、米国内店舗の時間給従業員約5万1000人を一時解雇すると発表した。ニューヨーク証券取引所で2018年8月撮影(2020年 ロイター/BRENDAN MCDERMID)

[15日 ロイター] - 米家電量販大手ベスト・バイ<BBY.N>は15日、米国内店舗の時間給従業員約5万1000人を一時解雇すると発表した。新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)により引き続き店舗を閉鎖しているため、第1四半期の最初の2カ月間の売上高が約5%減少したという。

また来週から一部の従業員が数週間にわたり自発的に労働時間を短縮するほか、自発的な自宅待機を実施。経営陣は減給する。一方、正社員や現場従業員の約82%の雇用は維持するとした。

同社は現在、カーブサイド・デリバリー(歩道での商品受け渡し)に移行している。移行を発表する前の3月20日までの8日間の売上高は、在宅業務用の設備やゲーム関連製品、冷凍庫などの購入が増えたことで約25%増加。ただ店舗閉鎖などにより、3月21日─4月11日の売上高は30%減少したという。

同社の米国・カナダ・メキシコの正社員、パート従業員、期間従業員の合計数は2020年度末時点で12万5000人。

第1四半期決算(5月2日まで)は来月下旬に発表される予定。

株価は序盤の取引で約6%安。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • コロナショックの大波紋
  • iPhoneの裏技
  • コロナ戦争を読み解く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。