"火中の栗"に常務を送り込む、東電の深謀

数土新体制が打った意味深な一手

4月1日付で会長に就任した数土氏(左)と廣瀬社長(撮影:梅谷秀司)

原子力専門の電力卸会社である日本原子力発電(原電)は、どこへ向かおうとしているのか――。

数土文夫・JFEホールディングス前社長を取締役会長に迎えた東京電力の新体制が、4月1日に発足した。その経営方針の中で関心を引いたのが、東電から原電に対する役員の派遣である。東電側の説明によると、原電の幹部として常務執行役(人選は未定)を派遣する意向だという。

原電の筆頭株主である東電は、福島第一原発の事故以前、関西電力と交互に元副社長を原電の社長として送り込んでいた。さらに、2012年度までは原電の常務取締役のポストも東電出身者の指定席だった。だが、その後は幹部を送り込む余裕がないとして、非常勤取締役(現在は廣瀬直己・東電社長)のみの派遣にとどめている。

人事の正式決定は6月の株主総会後となるが、原電側は「違和感はない」としており、東電出身の常務取締役復活(場合によっては取締役副社長の可能性もある)となりそうだ。

数土会長は「原電が保有する発電所をどうするか、最大株主として積極的に協力したい」とコメント。廣瀬社長も「原電は大変厳しい状況にあるが、筆頭株主としてしっかり関与していくことが東電の利益にもつながる」と語った。

福島事故対応で汲々としているはずの東電が、原電に役員を送り込んで何をやろうと企んでいるのか。

次ページ全基停止でも黒字確保
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT