「バラエティ番組崩壊」コロナが招く大きな危機

人気タレントの感染に頭抱えるTV関係者たち

かといって、東京都内や都心部であればロケができるというものでもない。どこに行っても感染拡大のリスクがあるというのは変わらない。そもそもタレントが無防備に外に出かける映像を流すこと自体が、このご時世にはふさわしくない。つまり、ロケに関しては完全に八方塞がりの状態なのだ。

さらに、テレビ業界人を悩ませているもっと深刻な問題がある。それは、テレビタレントの中に感染者が出てきていることだ。亡くなった志村けんをはじめとして、森三中の黒沢かずこ、たんぽぽの白鳥久美子、『報道ステーション』(テレビ朝日系)でメインキャスターを務めるテレビ朝日の富川悠太アナウンサーなどが感染を公表した。

出演者の中にこれだけ感染者がいたということは、テレビ局内でも新型コロナウイルスが蔓延している可能性があることを意味する。現時点で症状が出ていなくても、すでに感染している人がある程度はいると考えるのが妥当だ。この状況に応じて、制作現場ではテレワークによる会議などが導入されている。

TBSは4月2日にすべてのドラマやバラエティ番組について、4日から19日までロケやスタジオ収録を見合わせることを発表した。その後、見合わせ期間を5月6日まで延長すると発表した。また、同日にテレビ東京も3日から原則として報道部門以外の番組収録を中止し、出社する社員を2割程度に絞ると発表した。

そんな危機的な状況の中で、テレビの制作者はどんなふうに番組を作っていくのだろうか。一視聴者に過ぎない私が具体的な企画を提案することはできないが、いま放送されている番組を見ていて、ふと気付いたことはあった。それは、このコロナショックが番組作りのセオリーを根本的に見直すきっかけになるかもしれない、ということだ。

そもそも10〜20人も出演者は要らない?

これまでのバラエティ番組では、いわゆる「ひな壇番組」のように、スタジオに多数の出演者が集められることが多かった。画面上に多くの人が映っていると、にぎやかな感じがする。また、幅広い世代のタレントが出ていた方が、幅広い世代の視聴者に見てもらいやすいという事情もある。

そのため、これまでのバラエティ番組では、例えば1時間番組で10〜20人もの出演者がいるというようなことが普通にあった。その中にはただ映っているだけで一言も話さないような人も大勢いた。

ところが、感染防止のためににいざ人数を減らした番組を見てみると「そもそもあんなに大人数が必要だったのだろうか?」という疑問がわいてくる。確かに画(え)としては少々寂しい感じもするのだが、番組自体のクオリティはそれほど変わらない。

次ページ出演者が多い日本、出演者少ないアメリカとの違い
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
「名岐アパレル」で連鎖倒産、産地の厳しい現実
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT