アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

ロスリング「FACTFULNESS」が2週連続1位に

『FACTFULNESS』が2週連続で1位となりました(写真:horiphoto/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、4月5日~11日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

『FACTFULNESS』が1位に返り咲き

今週(4月5日~11日)のランキングでは、前週も1位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)が2週連続で1位に輝いた。Yahooニュースの記事掲載の影響に加え、毎日安定して注文が集まっているという。

『FACTFULNESS』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

2位は、前週7位だった『入社1年目の教科書』(岩瀬大輔著、ダイヤモンド社)がランクインした。アマゾンによると、特定カスタマーによるまとめ買いが影響しているという。

3位は、前週5位だった『嫌われる勇気』(岸見一郎著、ダイヤモンド社)だった。Yahooニュースへの記事掲載の影響に加え、毎日安定して注文が集まっているという。

前週126位から13位へ急上昇したのが、『営業はいらない』(三戸政和著、SBクリエイティブ)だ。「R25」掲載が影響しているという。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 令和の新教養
  • コロナショックの大波紋
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。