実際どれくらいお得?電車の全線「サブスク」

東急が発売、実証実験延期だが試算してみた

東急が発売した「サブスクパス」。実証実験は新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期になっている(編集部撮影)

東急は今年1月から、史上初の「交通機関と生活サービスをセットにしたサブスクリプションパス」である「東急線・東急バス サブスクパス」を実験的に発売した。

サブスクリプションとは定額制サービスのことで、身近なものでいえば海外ドラマなどが見放題のネットフリックスやHuluなどがおなじみだろう。

鉄道やバス事業は基本的に何人乗ろうが費用が固定化されているビジネスなので、筆者は携帯電話の定額制やダブル定額が出た頃あたりから、固定費がほとんどの鉄道会社はなぜやろうとしないのかと思っていた。地下鉄は全線定期券というものがあるが、郊外へ伸びる私鉄ではようやく全線定額制のパスが登場したわけだ。

「サブスクパス」の利用期間は3月から始まる予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて残念ながら延期となってしまった。ただ、延期ではあるものの実施する予定であり、その結果を踏まえて導入の検討をするという。コロナウイルスの猛威が終息し、実証実験が行える世の中になることを待ちたい。

どんなパスだったのか

さて、本来ならまだ販売期間だったこの「サブスクパス」、利用者にメリットがある内容になっているのだろうか。今後広がっていく可能性も踏まえ、あえて今検証してみたい。

今回発売のサブスクパスは、電車全線乗り放題、東急バス全線乗り放題、東急グループの「しぶそば」1日1回までもり・かけそば(320円)無料、映画館「109シネマズ」で映画見放題、シェアサイクルの電動自転車乗り放題といった内容で、以下のような組み合わせメニューとなっている。

電車・バス・そば:2万3500円
電車・バス・109シネマズ:3万円
電車・バス・109シネマズ・そば:3万3500円
電車・バス・電動自転車:2万3000円
電車・バス・電動自転車・109シネマズ:3万3000円
電車・バス・電動自転車・109シネマズ・そば:3万6500円
電車・バス・電動自転車・そば:2万6500円
電車・電動自転車:1万8000円
次ページバラすと電車は1万5000円
関連記事
トピックボードAD
鉄道最前線の人気記事
  • ルポ「ホームレス」
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
テレワーク総点検<br>コロナで広がる働き方格差

緊急事態宣言下で当たり前になった「テレワーク」。業種や職種によって実現度合いに大差がつき、この数週間で働き方の格差が広がったといえるでしょう。在宅勤務の課題を総点検し、コロナ後の働き方を考察しました。