東野幸治「40代は年下の話を聞いたほうがいい」

タモリさんから教わった「人生で超大切な事」

「太陽と月でいったら今田さんが太陽で、僕は月やし。引くことによって、違って見えるところもありました。僕がフィーチャーされているときは、今田さんは今田さんで器用ですから月の立場もできる。コンビのようでコンビじゃない不思議なバランスがあります。なんとなく面白がるところも似ているから、一時期、一緒に仕事をするのちょっとやめようと思って。結局、同じタイプのピン芸人は2人いらんから(苦笑)。

なんとなく別々の経験をするほうが、お笑い芸人、テレビタレントとして養われるものがある。芸人として前半、中盤、後半があるとしたら、前半はずっと一緒におったけど、中盤からはいったん離れてピンでそれぞれテレビに出るほうが成長できるだろうと。若いときは一緒やったけど、今だとまったく考え方が異なるときもたくさん出ていると思うんですよ」

そう考えるようになったきっかけ、あるいは「何か迷った時期があったのか?」と尋ねると、「迷った時期は別にない」という。

ただ、「30代半ばくらいのときに、レギュラーが6本くらい終わって。家族もおるから仕事は頑張らなあかんなと思ったんです。その道中でそんなふうに考え出したんちゃいますかね。向上心があるタイプではないから、無理やりでも責任を感じられる状況におったからよかった」と続ける。

「高視聴率番組」に抱いた違和感

加えて、「俺、もう世の中とまったく合わないんだな」と感じたことも、一歩引いたスタンスにつながっているのではないかと振り返る。いっとき、細かい視聴率をくまなく見続けることが日課だったという東野。世間で人気を博す高視聴率番組と、自身が面白いと感じる番組の距離感に違和感を覚えた。

東野幸治(ひがしの こうじ)/1967年8月8日、兵庫県宝塚市生まれ。お笑いタレント、司会者。吉本興業所属。兵庫県立宝塚高等学校卒業。高校在学中に吉本興業の新人オーディションに合格、お笑いタレントとなる。バラエティ番組などの司会を中心に活躍中(写真:ヒダキトモコ)

「おもろないなと思ったら、視聴率がめちゃめちゃいいんですよ。でも、裏を返せば、俺の意見は世の中と合わないから、(言葉に)責任を持てるなと思ったんですよ」

たびたび、“心がない”などとも揶揄されるが、悟りの境地、達観しているからこその冷静さなのかもしれない。世の中の大多数と意見が合わないからこそ、自分の意見を誰かに忖度する必要もない。

「YouTubeで『幻ラジオ』をやっているのは、自分がしたいし、自分で責任が持てる範囲でやるから。一方、たくさんのお金がかかっていて、いろいろな人が関わっているゴールデン番組に出演する場合、世間と合わない俺の意見なんて必要ないんじゃないのかなとも思うんです(笑)。それやったら、船頭を決めてくれて、その人の意見に従うほうがいいんじゃないかと思うんです」

次ページ東野幸治「自己主張なんていらない」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • コロナショック、企業の針路
  • トクを積む習慣
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ徹底検証<br>日本は第2波に耐えられるか

米国やブラジルでは新型コロナウイルスの感染拡大が続いていますが、日本は感染者も死者も圧倒的に少ない。その理由はいったいどこにあるのでしょうか。政策面、医療面から「第1波」との戦いを検証。「第2波」への適切な備え方を考えます。