ソニーの今期業績、新型コロナの影響で暗雲

2月の上方修正を打ち消す規模の可能性も

 3月27日、ソニーは、2月上旬に公表した2019年度業績見通しの上方修正について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「精査中だが、現段階では上方修正を打ち消すような規模の影響が発生することが見込まれる」と発表した。写真はラスベガスで1月8日撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)

[東京 27日 ロイター] - ソニー<6758.T>は27日、2月上旬に公表した2019年度業績見通しの上方修正について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「精査中だが、現段階では上方修正を打ち消すような規模の影響が発生することが見込まれる」と発表した。新型コロナの連結業績への影響は2020年度も継続する見込みとしている。

19年度決算は4月30日の公表を予定しているが、決算手続きなどに遅延が生じ、予定通りに発表できない可能性があることも明らかにした。

新型コロナの業績への影響では、エレクトロニクスの分野で幅広い製品の生産に影響が出ていると説明している。

(内田慎一)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT