ソニーの今期業績、新型コロナの影響で暗雲

2月の上方修正を打ち消す規模の可能性も

 3月27日、ソニーは、2月上旬に公表した2019年度業績見通しの上方修正について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「精査中だが、現段階では上方修正を打ち消すような規模の影響が発生することが見込まれる」と発表した。写真はラスベガスで1月8日撮影(2020年 ロイター/Steve Marcus)

[東京 27日 ロイター] - ソニー<6758.T>は27日、2月上旬に公表した2019年度業績見通しの上方修正について、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて「精査中だが、現段階では上方修正を打ち消すような規模の影響が発生することが見込まれる」と発表した。新型コロナの連結業績への影響は2020年度も継続する見込みとしている。

19年度決算は4月30日の公表を予定しているが、決算手続きなどに遅延が生じ、予定通りに発表できない可能性があることも明らかにした。

新型コロナの業績への影響では、エレクトロニクスの分野で幅広い製品の生産に影響が出ていると説明している。

(内田慎一)

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • コロナ戦争を読み解く
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。