丸紅、2000億黒字予想から一転1900億の赤字に

2020年3月期の予想修正、他社も続々と赤字か

丸紅は25日、2020年3月期の当期損益見通しを1900億円の赤字に修正すると発表した。新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う原油価格の急落などが響く。写真は米テキサス州の油田。2018年8月撮影(2020年 ロイター/Nick Oxford)

[東京 25日 ロイター] - 丸紅<8002.T>は25日、2020年3月期の当期損益見通しを1900億円の赤字に修正すると発表した。従来は2000億円の黒字予想だった。

新型コロナウイルス感染症の世界的な流行に伴う原油価格の急落や事業環境の悪化により、石油・ガス開発事業で1450億円、米穀物事業で1000億円の損失が発生する。

 

 

(石田仁志)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ANAが希望退職実施へ<br>雇用維持貫くJALとの差

ANAホールディングス傘下の全日本空輸は10月7日、退職金の割り増しによる希望退職の募集を労働組合に打診。一方の日本航空(JAL)は同日に開かれた定例会見で、人員削減の考えはないと明言。両社で対応が分かれた要因とは。

東洋経済education×ICT