パンデミック宣言で「五輪開催」も無理筋な理由

特効薬がない新型ウイルスには我慢しかない

こうした中で、13日午後には改正新型インフルエンザ等対策特別措置法が参議院で可決、成立した。新型コロナウイルスが適用対象に加えられ、感染拡大で国民の生活や経済に甚大な影響を及ぼす恐れがある場合、政府による「緊急事態宣言」が可能になる。

連日、感染者数が増していく日本国内では、これから桜が咲き、花見のシーズンを迎える。すでに東京都では、屋外とはいえ花見宴会の自粛を求めたり、各地で桜まつりが中止になったりしている。

上の画像をクリックすると、「コロナショック」が波及する経済・社会・政治の動きを多面的にリポートした記事の一覧にジャンプします

中国でSARSの感染が広がった原因の1つに、中国人が大きな声で話す習慣が指摘された。

いまでこそ、中国では都市部の外食店などで1人で食事をする風景も珍しくはなくなったが、当時は食事は家族で摂ることが通常で、それも時間帯が集中する。

混み合ったレストランでは一斉に話が弾むからうるさくなる。それでも話をしようとするから、必然的に声が大きくなる。それが身に付き、それだけ唾もよく飛ぶようになる。コロナウイルスは飛沫感染する。

国籍に限らず、アルコールが入ると人は声が大きくなる傾向にある。最近は、自粛ムードにあるが、飲食店街を大きな声で歩く酔い客は見慣れた光景だ。桜の木の下でも大きな声で会話をすれば、それだけ唾もよく飛ぶ。酔っているから、そのことに気がつかないし、自制も利かない。

また、春は新年度を迎え、人生の新しい門出、新生活のスタートを切る人も増える。新入学、入社、転勤のシーズンでもある。そうなると、人の移動も増えることになる。

特効薬もない新型コロナウイルスとの戦いの手段

中国では、春節を迎え、人の移動がSARSはもとより、新型コロナウイルスの感染を増やしたことは、もはや語るまでもない。それによって、日本国内にもウイルスがやって来た。死者が1000人を超えたイタリアでは、10日から全土で人の移動を禁止している。アメリカでは非常事態を宣言したニューヨーク州で、ニューヨーク市北部近郊のウエストチェスター郡で半径1マイル(約1.6キロ)の地域を閉鎖している。

これに反するように、日本国内ではこれから人の移動が活発化する。イベントの自粛で感染拡大防止の効果が見えたとしても、また感染増加を誘発する事態にもなりかねない。

安倍晋三首相が2月26日に、1〜2週間のイベント自粛を要請して、その期間が過ぎ、さらに10日ほどの継続を求めている。普段と違う生活で、大人も子どもも、疲れやストレス、飽きがそろそろ見え始めている。

ここでハメを外すことは簡単だが、この先もしばらくは細心の注意と我慢が必要になるはずだ。

特効薬もない新型コロナウイルスとの戦いの手段は、それしかないのだから。でも、そうしてSARSも克服してきたのだから。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 見過ごされる若者の貧困
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT