WHO事務局長、新型コロナは「パンデミック」

「世界的な大流行に相当」、宣言は遅すぎた?

世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルス感染は「パンデミック(世界的な大流行)」と見なされると表明した。2月撮影(2020年 ロイター/DENIS BALIBOUSE)

[11日 ロイター] - 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルス感染は「パンデミック(世界的な大流行)」と見なされると表明した。

テドロス事務局長は、中国以外での感染が過去2週間で13倍増になったと指摘。「全ての国がパンデミックの軌道を変更できる」と明確に断言することはできないと述べた。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショックの大波紋
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
香港問題めぐり米中激突<br>加速するデカップリング

6月30日、「香港国家安全法」が施行されました。「一国二制度」の下での高度な自治が失われたとして、西側世界と中国の対立は一気に深まっています。米中経済の分離は、サプライチェーンの見直しなど、グローバル企業にも大きな変化を迫りそうです。