それでも子どもは減っていく 本田和子著

それでも子どもは減っていく 本田和子著

少子化対策として保育所の増設や育児休暇の整備といった施策が打ち出されている。が、外的条件さえ整備されれば女性は「産む行為」に邁進し、子どもの数は増えるのか。

児童学の第一人者の著者はこう疑問を呈したうえで、子どもが少なく産まれてくる現状は女性たちが長年にわたって求め続けてきた「望ましい状態」ではないかと指摘する。

産まない選択をする女性の数は今後も減ることはなく、出生率低下はむしろ成熟社会に伴う必然と受け止めたうえで、少子社会は当事者の「子ども」にとってどのような意味を持つのかについて考える必要性を説く。

「子ども=納税予備軍」という視点で、当事者不在のまま進む現在の少子化論議に対し一石を投じる。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • ブックス・レビュー
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱炭素時代に生き残る会社<br> 独自調査で測る各社の「本気度」

地球温暖化の危機的状況を受け、「エネルギーシフト」の奔流が渦巻いている。日本企業も再生可能エネルギーの調達に本腰を入れ、「脱炭素経営」に舵を切り始めた。主要108社が回答した独自アンケートなどから、生き残りのカギを探る。