それでも子どもは減っていく 本田和子著

それでも子どもは減っていく 本田和子著

少子化対策として保育所の増設や育児休暇の整備といった施策が打ち出されている。が、外的条件さえ整備されれば女性は「産む行為」に邁進し、子どもの数は増えるのか。

児童学の第一人者の著者はこう疑問を呈したうえで、子どもが少なく産まれてくる現状は女性たちが長年にわたって求め続けてきた「望ましい状態」ではないかと指摘する。

産まない選択をする女性の数は今後も減ることはなく、出生率低下はむしろ成熟社会に伴う必然と受け止めたうえで、少子社会は当事者の「子ども」にとってどのような意味を持つのかについて考える必要性を説く。

「子ども=納税予備軍」という視点で、当事者不在のまま進む現在の少子化論議に対し一石を投じる。

ちくま新書 777円

  

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 北朝鮮ニュース
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。