ファーウェイ「折り畳みスマホ」新機種を投入

価格は2710ドル、3月から各国で販売する予定

 2月24日、中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、画面を折り畳めるスマートフォンの新機種「Mate Xs」を発表した。写真は18日、ロンドンのメディアイベントで撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)

[24日 ロイター] - 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] は24日、画面を折り畳めるスマートフォンの新機種「Mate Xs」を発表した。

同社は約1年前に初の折り畳みスマホを発表。広げた時の画面の大きさは8インチで、デザインを改良後、昨年11月に中国で販売を開始した。

今回発表したのはそれに続く機種で、画面の大きさは前機種と同じ。

同社幹部、リチャード・ユー氏は、競合の韓国サムスン電子<005930.KS>の折り畳みスマホ「ギャラクシーフォールド」よりもダウンロードのスピードが速く、バッテリー寿命も長いとアピールした。

価格はプレミアムモデルが2499ユーロ(2710ドル)。来月から各国で販売する予定。

当初は今週バルセロナで開催予定だった世界最大のモバイル関連見本市「モバイル・ワールド・コングレス」にあわせて新製品発表会を開く計画だったが、新型肺炎の感染拡大を受けて同見本市が中止になったため、ウェブ配信を通じた発表会を行った。

スマホ出荷台数で世界首位の韓国サムスン電子も折り畳みスマホに力を入れており、昨年の出荷台数はファーウェイをわずかに上回った。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT