投資家「高宮慎一」生んだ憧れとコンプレックス

スタートアップは「最高にクリエーティブだ」

グロービス・キャピタル・パートナーズの代表パートナーの高宮慎一氏(撮影:佐々木仁)
「どのベンチャーキャピタリストから投資を受けたいか」――。若手起業家と話していて必ずといってよいほど名前が挙がるのが、グロービス・キャピタル・パートナーズの代表パートナー高宮慎一氏(43歳)だ。
東京大学卒業後に戦略コンサルティング会社アーサー・D・リトルに就職。ハーバードMBAを経て2008年から同社に参画した。これまで投資し社外役員として成長を支援したベンチャーは、メルカリ、ランサーズ、カヤック、アイスタイルなど名だたる企業が並ぶ。2019年 1月に発表された「日本版MIDAS LIST(最も影響力のあるベンチャー投資家ランキング)」(ForbesJapan)によると、一連の投資行為によって得られたキャピタルゲインは339億円(同編集部推計)に及ぶという。
そんな高宮氏だが、ベンチャーキャピタリストというキャリアを選んだ根底には、強烈な「憧れ」と、自身のコンプレックスがあると話す。「ベンチャー」「起業」といった言葉がまだ一般的ではなかった時代、なぜ現在の職業を選んだのか。国内のベンチャー投資環境や、今後の展望について聞いた。

わざとカタカナ発音をした少年時代

メーカーに勤めていた父の転勤で、子ども時代に2度の海外生活を経験した高宮氏。幼稚園の年長から小1まではイギリス、小5から中3まではイギリスとオランダで学校生活を送った。いずれの時期も、周囲に日本人はほとんどいない環境だったという。

「周りとの違いをつねに意識させられたので、日本に帰れば周りと違わない、同質なんじゃないかという幻想を抱いていました。ところがいざ帰ってきてみたら、意外と自分自身が変化していて、どっちでもアウトサイダー感があった」

日本の小学校に編入すると、わざとカタカナ英語で発音した。ネイティブの発音は、浮いてしまう。周りになじもうとして必死になったが、つねに違和感を抱えながら成長した。

2度目の帰国後は私立の武蔵高校に入学し、東京大学へ進学する。大学時代はレコードにはまり、数千枚を所有。1970年代に100枚しか生産されなかったレア盤を入手し、ファッションデザイナーや写真家、イラストレーターといったさまざまなジャンルのクリエーターと組んで、イベントを開催していたという。

当時、イベントの開催場所を借りるには、最低保障金が30万円ほど。学生の身にはとにかくお金がかかった。そこをうまくプロデュースして、収支の帳尻を合わせるのが高宮氏の立ち位置だった。

次ページ「ゼロから生み出すこと」への強烈な憧れ
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。