西武多摩川線、知られざる「飛び地路線」の実像

実は西武線でいちばんホットな路線かも

西武多摩川線は白糸台駅(写真)と新小金井駅で列車が行き違う。新101系は色違いで3パータンある(筆者撮影)

だいたい、1つの鉄道会社が持っている路線はどれもつながっているのが普通である。中心になるような、いわゆる“本線”ともいうべき路線を中心にいくつも枝線を張り巡らせて便利なネットワークを構築するのだから当然のことだ。ところが、誰もが知っているとある大手私鉄に、ぽつんと離れたところを寂しく走っている路線がある。その名も西武多摩川線――。

西武多摩川線はJR中央線の武蔵境駅から南西にちょろっと延びて多摩川の河川敷の寸前の是政駅までを結んでいる8.0kmの短い路線だ。

西武といったら池袋線や新宿線といった主要路線を中心に国分寺線とか多摩湖線とか拝島線とか、そうした路線がいくつもあるが、多摩川線はそのどれともつながっていない。他路線との直接の接続といえば、起点の武蔵境駅だけだ。ネットワークから離れてぽつねんと走る、西武鉄道の飛び地路線。いったい、どんな路線なのだろうか。

どんな路線なのだろうか

と、言ってみたところで、実は筆者は西武多摩川線の沿線に住んでいる。だからどんな路線なのかはおおむねわかっている。そして同時に、東京の都心から1時間とかからないのに実に知名度が低いということもわかっている。

西武池袋線ユーザーに聞いてみたところ、「多摩湖線でしょ? 聞いたことあるよ」と返ってきた。「いやいや、多摩川線、多摩湖線とは違うやつ」「へえ、そんなのあるんだ、知らねえや」といった感じである。

また、西武鉄道には馴染みがあるはずの国分寺駅からタクシーに乗っても「多摩川線? 多摩湖線だよね」などと言われたことがある。国分寺と多摩川線の沿線ってそんなに離れていないと思うんですけどね……。

次ページ西武の中でも地味な路線
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • トクを積む習慣
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT