西武多摩川線、知られざる「飛び地路線」の実像

実は西武線でいちばんホットな路線かも

こういうわけで、西武多摩川線は言っちゃ悪いが地味なのだ。だから沿線に暮らしていると、西武鉄道から忘れられちゃいないか、とバカバカしい不安を抱いたりもする。というわけで、改めて西武多摩川線を取材してみることにした。

西武鉄道多摩川線管理所の所長を務める五味田寛さん(筆者撮影)

「正直なところ、この会社に入ってから多摩川線に来たのは2回か3回くらいですからね。ここに来てびっくりしたのは、休日と平日でダイヤが同じこと。日中はずっと12分ヘッドで行ったり来たりしているだけなんですよ」

そう笑いながら答えてくれたのは、多摩川線管理所の所長を務める五味田寛さん。取材に同行してくれた西武鉄道の広報担当者も「確かに取材依頼とかがなければなかなか来る機会はないですねえ」と横でうなずく。うーむ、なんだか嫌なムードだ……。

話題に上がる機会が多い?

「でもね、多摩川線はウチの中でも結構盛り上がっている路線なんですよ。たぶん本社でも話題に上る機会が多いと思うんです」(五味田さん)

広報氏はまたも横でうなずく。

「去年の秋にラグビーのワールドカップ(W杯)があったじゃないですか。会場の1つになった東京スタジアムは、多摩川線の多磨駅も最寄り駅なんです。試合の日には夜遅くまで日中と同じ12分間隔で運転しまして、開会式と開幕戦の日には4000〜5000人くらいのお客さんが来てくれました」(五味田さん)

次ページラグビーW杯で活躍したのは日本選手だけでない
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ルポ「ホームレス」
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「賃料補助」は焼け石に水<br>飲食店を追い込む“遅い政治”

多くの飲食店経営者が自粛要請に応じています。政治に求められるのは救済プランの素早い策定ですが、与野党案が固まったのは5月8日。せめて第1次補正予算に盛り込まれていれば――。永田町の主導権争いが、立場の弱い人たちを苦しめています。