北京初の新型コロナ患者「公式発表」前に存在か

広東や上海でも、1月20日に一斉通知の疑惑

1月20日の早朝、北京市は新型コロナウイルスの感染が確認された患者に関する発表を行った。そしてほとんど同時刻、広東省衛生健康委員会は次のように通知している。

「1月19日、国家衛生健康委員会感染症指導者組織に所属する専門家チームにより、『新型コロナウイルス感染による肺炎に対する診療計画(試行第二版)』の内容がまとめられ、当該患者に対する評議を行った。その結果、専門家組織は全員一致で(外地からの)輸入型の新型コロナウイルス感染による肺炎の病例と確定した」

同様に上海衛生健康委員会も1月20日未明に通知を発表し、国家衛生健康委員会が上海で初めて輸入型の感染患者を確認したと伝えていたのだ。

「医学的に確定されていなかった」

これに対して、北京市衛生健康委員会は「受け入れをした後も、当時は医学的にまだ確定されていなかった」と、感染症の確定に必要ないくつかのプロセスが報告プロセスに及ぼす影響を強調する。「患者の症状や肺の検査等の初歩的な情報を確認した後、まずは組織の専門家が診察を行います。続いて中国疾病予防管理センターの専門家により再検査が行われ、ようやく感染が確定されます。その後、『伝染病防治法』にしたがって世間に公表されるのです」

画像をクリックするとコロナウイルスに関連する記事の一覧にジャンプします

北京市衛生健康委員会の関係者は、「対外的には感染症の管理規定に従って、法的なプロセスを踏まなければならない。一方、対内的には早急な対応を行い、発熱患者を注視しながら必要な措置を行っている」と話す。

地壇医院の公式ウィーチャットの投稿には早期の予防準備作業についての記録がされていた。投稿では「1月12日、地壇医院はICU及び感染二科にて引き続き数名の新型コロナウイルス肺炎患者を受け入れた」、「1月14日午後、地壇医院全体の中堅幹部は各位の業務報告を聞いた後、全員が当該医院の医院長・李昂の戻りを待ち、市の衛生健康委員会および各級指導者による新型コロナウイルスについての予防措置についての報告を聞いた」としている。

次ページ1月19日までは「予防可能」と発表
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT