北京初の新型コロナ患者「公式発表」前に存在か

広東や上海でも、1月20日に一斉通知の疑惑

前出の北京市衛生健康委員会の関係者が言うには、患者が地壇医院へ移ったのは1月11日から13日の間で、国家衛生健康委員会の再検査による感染の確定が行われたのは1月19日の深夜である。地壇医院の公式ウィーチャットでは、ICU(集中治療室)で1月12日に新型肺炎患者の治療を始めた後、1月20日には感染二科でも受け入れを始め、比較的軽症の患者の治療に当たったとしている。

新型肺炎 中国現地リポート「疫病都市」の続編を公開しました(画像をクリックすると週刊東洋経済プラス緊急リポートのページにジャンプします) 

同関係者は診察の過程を次のように振り返る。「患者が大興医療機関に訪れ診察を行ったとき、発熱などの症状が出ており、かつ武漢とのつながりもあった。当時、区の医療機関がすぐに市の衛生健康委員会に報告を行い、委員会は診察をするために専門家を派遣した。診察を行ったが感染の有無がはっきりとしなかったため、専門家は指定医院で隔離治療を受けることを勧め、患者は地壇医院に移った」

地壇医院に関わりのある情報筋は、「大興の患者は武漢で結婚式に参加した後に感染したもので、(感染源とみられている武漢の)海鮮市場へ行ったことはない」と話す。北京衛生主管部門はこの患者を感染の「強い疑いがある」として地壇医院へ送ることを決定し、隔離治療と報告を行った。

広東省や上海市も1月20日に公表

『伝染病防治法』第38条は感染症の情報公開に関する制度を次のように規定している。「感染症のアウトブレイク、流行が起こった場合、国家衛生健康委員会は社会に対し感染情報を公表する責任があり、さらに省級の衛生健康委員会に対しその行政区域の感染情報を公表する裁量を与えることができる」と。

北京市衛生健康委員会は、北京市が区の衛生健康委員会を通じて行った発表は「非常に厳格」で、所属地管理の原則を十分に考慮して行ったとしている。

財新記者は情報を整理している際、北京の病例のほかに、広東省と上海市の最初の感染者の診察時間はそれぞれ1月4日と1月15日となっているが、最終的に公開された通知では第一感染者が発見されたのはすべて1月20日とされているのを発見した。

次ページ対内的には早急な対応を行っていた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT