「忘れるのが早すぎる」自分を変える簡単なコツ

記憶したいなら、まず6分間目をつぶろう

「復習」のベストなタイミング、記憶力と想起能力(思い出す力)をアップさせる方法について、メンタリストDaiGo氏が紹介します(写真:Dragon Images/PIXTA)
「えーっと、あれ、ほら、なんだったかなぁ……」。せっかく読んで覚えたはずなのに、どうしても思い出せない……なんてこと、ありませんか? 本から得た知識を自在にアウトプットするためにはどうすればいいのか、そのヒントをくれるのが『知識を操る超読書術』を上梓したメンタリストDaiGo氏です。記憶の流出を防ぐ「復習」のベストなタイミング、記憶力と想起能力(思い出す力)をアップさせる方法などについて聞きました。

「忘れないうちに復習するといい」はウソ

人間の記憶には短期記憶と長期記憶の2つの段階があるのはご存じでしょうか。

例えば、本を読み、覚えたと思ってもすぐに忘れてしまうのは、記憶が長期記憶になっていないからです。短期記憶に記憶しても、新しい情報が入ってくるとすぐに忘れてしまいます。

では、どうすれば長期記憶に残りやすくなるのでしょうか。その仕組みについては世界中の脳科学者や心理学者が研究を進め、記憶の流出を防ぐ「復習」のタイミングに関しては答えが出ています。

ベストな復習のタイミングは「忘れた頃に復習すること」です。要するに「あれ、何だっけ?」「ここまで出かかっているんだけど……」という瞬間がベストなタイミング。長らく「忘れないうちに復習するといい」とされてきましたが、これは間違いでした。

忘れないうちの復習は、短期記憶を何回も何回も繰り返しているだけ。そのときはしっかり覚えたように感じても、長期記憶への定着は進んでいないのですぐに忘れてしまいます。

一方、忘れかけたときに復習すると「生存に関わる重要な情報を優先して記憶する」という脳の性質が働きます。そのとき生まれる、口惜しい、もどかしいという「強い感情」が記憶のキーになります。「わざわざ思い出そうとしている=重要な情報に違いない」と長期記憶に定着しやすくなる、というわけです。

つまり、タイミングよく復習をし、思い出す作業=「想起」を行うことが脳と感情への刺激となり、記憶の定着につながるのです。

次ページ「ミニテスト」を実践してみよう
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。