2014年版!「有給休暇取得率」トップ300

ホンダ首位堅持、ANA76位、ソフトバンク161位etc.

 51~100位を見てみると、キヤノン(51位)やTOTO(72位)など、競争力が高い製品を有している企業がある一方、リストラ中の企業、「病み上がりの企業」も複数見受けられる。

政府は新成長戦略の中で、「2020年までに、年次有給休暇取得率70%達成」(現状よりもほぼ20ポイントのアップ)を掲げている。70%以上で線引きしてみると、次ページの日本製紙(111位)あたりまで、ということになる。こうしてみると、有給休暇を十分に取得できている会社はまだ多くないのが現状だ。

次ページ101~150位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』最新号から厳選<br>伸びる会社を探せ!

6月18日発売の『会社四季報』3集夏号で、3700社を超える上場企業から収益力の高い企業を掘り起こす。独自予想データを基にしたランキングは、連続増益、会社計画との乖離率、最高益更新率、連続増配、ネットキャッシュなど6テーマ。