2014年版!「有給休暇取得率」トップ300

ホンダ首位堅持、ANA76位、ソフトバンク161位etc.

 51~100位を見てみると、キヤノン(51位)やTOTO(72位)など、競争力が高い製品を有している企業がある一方、リストラ中の企業、「病み上がりの企業」も複数見受けられる。

政府は新成長戦略の中で、「2020年までに、年次有給休暇取得率70%達成」(現状よりもほぼ20ポイントのアップ)を掲げている。70%以上で線引きしてみると、次ページの日本製紙(111位)あたりまで、ということになる。こうしてみると、有給休暇を十分に取得できている会社はまだ多くないのが現状だ。

次ページ101~150位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 憧れから一歩前へ! キャンピングカーのある日常
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT