日テレは、Huluで100億円稼げるか?

船越雅史・コンテンツ事業部長に聞く(下)

――Hulu向け独自コンテンツの制作も視野に入っていますか?

これはまだ試案段階ですが、考えてはいます。ただ、繰り返しになりますが、日本テレビのHuluとは考えていないので、想定しているのは、他局やアニメ制作会社と一緒に、Hulu向けコンテンツの制作をやりたいという方向です。

日本テレビでも「制作体制の強化」は課題になるでしょうね。かつては地上波放送向けだけに制作していればよかったものが、今ではBS放送向けのドラマ制作も始まっています。BSだと年輩の方向けの骨太な作品が必要になりますし、CS放送向けにはおカネを払ってでも見たいコンテンツ、ここでしか見られない野球のライブ放送などが必要になる。では、動画配信らしいコンテンツは何だろうか。現時点では、地上波放送の補完として日テレオンデマンドがありますが、将来的にはそうではないかもしれない。

現時点では、人気バラエティ番組のテレビ放送しなかった部分を再構成して、ディレクターズカット版を配信するなどが、Huluで配信する「独自コンテンツ」として現実的かなと思いますが、表現や制作の方法は今後、動画配信独自のもの、地上波放送とは違う形に変化するのは避けられないのかもしれませんね。

――日本テレビグループでは2012~15年の中期経営計画の中で、総額500億円の投資枠を設定し、新規事業を開発するとしています。今回のHulu日本事業の子会社化はこの一環と考えていいのでしょうか?

一環です。総額500億円の投資枠内での新規事業となります。Huluの日本事業の譲受にかかる金額はまだ未公表ですが、2015年まで、さらに積極的な投資は続けられると思いますよ。今年新年のあいさつの中で社長が言っていた「破壊と創造だ。リスクのない商売はない」の言葉に、その心意気が表れていたように思います。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
ホンダ「インテグラ」復活が日本で話題になる訳
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
空き家にさせない!<br>実家のしまい方

少子高齢化や核家族化、過疎化で今や7戸に1戸が空き家に。放置された実家はもはや相続したくない迷惑資産。売るか、貸すか、それとも活用するか。実家の片付けから空き家の再生まで幅広く取り上げ、対策例をご紹介します。

東洋経済education×ICT