全米震撼「恐怖のドッペルゲンガー殺人」の全容

世紀の悪女が仕掛けた小説のような殺人計画

ナディアは失踪した母を見つけるため、手作りのチラシを配って情報を集め、広大なロシアを自ら運転する車で奔走した。だが3カ月が経っても成果はゼロ。そこで探偵を雇い、道路上の防犯カメラを片っ端から調べると、ついに、1台の車の助手席に寝かされた母親の画像を発見。そのレンタカーの借り主は、あのビクトリアだった。

ナディアの母親の殺害容疑でビクトリアの取り調べが始まる。ようやくすべての悪事が暴かれるかと思われたが、ビクトリアは、その美貌を武器に、捜査官を誘惑し、偽造パスポートでロシア国外へ逃亡してしまった。

そして、ナディアの母は焼死体で発見されてしまう……。そこは、自宅から遠く離れた、悪女・ビクトリアの故郷だった。インターポール(国際刑事警察機構)は、殺人容疑でビクトリアを国際指名手配したが、もはや彼女の行方は誰にもわからなかった。

フェイスブックで発覚した、悪女・ビクトリアの潜伏先

「ビクトリアは悪魔そのものです。私の家族、人生、母、すべてを奪った……」

ナディアは殺された母の復讐を誓い、ニューヨークに戻った後も執念の捜索を続けていた。

ビクトリアはどこへ逃げたのか? 国際指名手配犯の潜伏先を見つけたのは、ナディアだった。それは生前、母から聞かされていたビクトリア・ナシロワのフェイスブック。驚くことに逃亡中もニックネームで写真を投稿し続けていたのだ。まるでセレブのように、きらびやかな生活を写した自撮り写真ばかりを……。そんな憎きビクトリアの潜伏先。なんとそこは、娘・ナディアの住むニューヨークだった。

そこでナディアは、ある敏腕探偵にビクトリア捜索を依頼する。ニューヨーク市警に20年勤務したハーマン・ワイズバーグだ。

「これは私のキャリアで、最もやりがいのある事件になると思いました。国際指名手配中の逃亡犯を追いかけるなんて初めてでしたから」

発見につながったビクトリアが投稿した写真。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』はフジテレビで2月15日(土)よる9時~放送(写真:フジテレビ取材班提供)

ハーマンはすぐに、ビクトリアがネット上に残した“手がかり”に気づいた。

それはフェイスブックに投稿された1枚の写真。

よく見ると、サングラスのレンズに車のダッシュボードが映っていることがわかる。「ナビの画面」の上に、「アナログ時計」という特徴的なデザインだった。

次ページビクトリアがいた場所は?
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナウイルスの恐怖
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 財新
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。