全米震撼「恐怖のドッペルゲンガー殺人」の全容

世紀の悪女が仕掛けた小説のような殺人計画

「あの女が本当にビクトリア・ナシロワなのか……」

張り込みを続けていた探偵・ハーマン。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』はフジテレビで2月15日(土)よる9時~放送(写真:フジテレビ取材班提供)

2017年3月、探偵・ハーマンは、ビクトリアが住むアパートの近くで張り込みを続けていた。

するとアパートから出てきた1組のカップル。女は、フェイスブックの写真で見たビクトリアとは思えぬほど太っている。

「別人ではないか……」

そんな疑念を振り払ったのは、ハーマンの経験からつかんだ「決定的証拠」だった。

「私は、警察官のときのクセで、いつも相手の靴を見るんです。これはブーツのような特徴的な靴ですが、逃走犯でも、靴は替えないものです」

女のブーツが、ビクトリアがフェイスブックに投稿した写真で履いているブーツと一致したのだ。

ハーマンのつかんだ情報によって、ついに警察がビクトリア逮捕に動くことになった。しかし、まだ安心はできない。逮捕容疑はあくまで「昏睡強盗」。この罪だけでは、すぐに釈放される恐れがある。ロシアでの殺人容疑は、現地の警察が指紋を取っていなかったため、女が本当にビクトリア・ナシロワだと証明することができなかったのだ。そこで、探偵・ハーマンは思い切った奇策に打って出る。

“世紀の悪女”が逮捕されるまでの全容

「ビクトリアの釈放を阻止するために新聞記者とカメラマンを呼んだのです」

ハーマンは、大手新聞社に声をかけ“国際指名手配犯の逮捕”という特ダネを売り込んだ。その狙いどおり「ビクトリア逮捕」は紙面を飾り、メディアは世紀の悪女の犯罪を大々的に報じ始める。世間の好奇心を刺激し、注目を集めたことで、警察はビクトリアを簡単に釈放できなくなったのだ。そして、ロシアでもビクトリアの逮捕が報じられることとなった。

執念の追跡を続けた娘・ナディアの悲願がようやく報われたのは、ナディアの母が姿を消してから、2年5カ月が過ぎた、春の日だった。

番組では、裁判資料や関係者への独自取材から、ビクトリアが犯した冷酷無比な犯罪の数々を完全再現。“世紀の悪女”が逮捕されるまでの全容に迫る。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT