全米震撼「恐怖のドッペルゲンガー殺人」の全容

世紀の悪女が仕掛けた小説のような殺人計画

ハーマンは、そのダッシュボードをひたすら探し歩く。そして、アメリカ製高級セダンのデザインと一致。ビクトリアが乗っている車を突き止めたのだ。

私立探偵ハーマン・ワイズバーグ。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』はフジテレビで2月15日(土)よる9時~放送(写真:フジテレビ取材班提供)

さらにハーマンは、ビクトリアがフェイスブックで「いいね!」する店が、ブルックリンのロシア人街に集中していることに気づき、周辺を捜索。

すると、“ビクトリアの乗る高級車”が一軒のアパートの前で停まっているのを発見したのだ。

さらに、そのアパートの前にある「電柱」「電線」「マンホール」……ビクトリアが室内で撮影した自撮り写真のサングラスに映っていた「窓の外の景色」とピタリと一致したのだ。

ハーマンは、サングラスに映った手がかりから、ビクトリアの住む部屋の特定に成功した。

なんとそこは、娘・ナディアの家からわずか1kmしか離れていない場所。母親の仇は、追跡を続ける娘の「目と鼻の先」にいたのだ。

世紀の悪女が企てた「悪魔の逃亡計画」

その頃、悪女・ビクトリアは逃亡先のニューヨークでも、複数の被害者から金品を奪う犯行を繰り返していた。そして、2016年6月、出会い系サイトで知り合った男性を部屋に招き、手料理に薬物を混入する「昏睡強盗事件」を起こす。

「ビクトリアは魚とグリーンピースのすてきな料理を振る舞ってくれたんだ。料理を一口食べたら、ほんの2分で意識がなくなったんだよ」

被害者は、クリーニング店主のルーベン・ボロコフ。2日間意識を失ったが、一命は取り留めた。その間、ビクトリアは彼のクレジットカードで30万円近い宝石類を買い、さらに現金1000ドル(約11万円)を盗んでいた。

そしてビクトリアは再び国外逃亡を画策する。国際指名手配犯がアメリカから出るためには、偽のパスポートが必要だ。そこで企てたのが「自分そっくりの美女を殺し、彼女の人生になりすますこと」

それが、2016年8月に起きた“ドッペルゲンガー殺人”。この悪魔のような計画のターゲットになったのは、ウクライナ出身のオルガ・ツウィク。自分に似たオルガを見つけたビクトリアは、彼女が働く美容サロンに半年間、客として通い、友人関係になったうえで「毒入りチーズケーキ」を食べさせたのだ。

ところが、オルガが九死に一生を得たことで、ビクトリアの悪魔の計画は音を立てて崩れていった。

次ページベテラン探偵が打った「最後の一手」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
北朝鮮が「新戦略兵器」?<br>強硬姿勢アピールの舞台裏

昨年末「新たな戦略兵器」との発言が報じられた金正恩委員長。強硬路線を取るとみられたものの、報告内容をよく読むと「自力更生」と経済の重視に力点があります。北朝鮮、米国、韓国、日本それぞれの立ち位置を考察します。