全米震撼「恐怖のドッペルゲンガー殺人」の全容

世紀の悪女が仕掛けた小説のような殺人計画

ロシア出身のナディア・フォード(左)と殺害された母のアラ。アラが隣人に殺害された事件を発端に全米が震撼した殺人計画が明らかになった(写真:フジテレビ取材班提供)

「自分とそっくりの姿をした分身=ドッペルゲンガーに出会うと死ぬ」

そんな恐ろしい都市伝説が現実化したような事件が、世界を騒然とさせた。舞台は、2016年のアメリカ・ニューヨーク。謎の美女が自分そっくりの美女を殺して“入れ替わる”……まるで小説のような殺人計画だった。

「私はチーズケーキを食べて、部屋の床に激しく嘔吐し、そして昏睡状態になったのです。救急隊が来たとき『あと40分遅かったら死んでいた』と言われたそうです」

左がオルガで、右が国際指名手配犯のビクトリア。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』はフジテレビで2月15日(土)よる9時~放送(写真:フジテレビ取材班提供)

そう語るのは、ウクライナ出身のオルガ・ツウィク。彼女が勤める美容サロンの常連客を自宅に招いたところ、殺されそうになり、一命を取り留めた。

“凶器”は手土産の毒入りチーズケーキ。そして犯人は、オルガのパスポートや免許証を奪い去った……女の狙いは、オルガに“なりすます”こと。過去の犯罪歴を消すためだった。

この悪魔のような計画を実行に移したのは、ロシア出身のビクトリア・ナシロワ。ロシアでの殺人容疑で国際指名手配中の容疑者だった。それだけではない。逃亡先のニューヨークでも数々の犯行を重ね続ける“世紀の悪女”だったのである……。『目撃!超逆転スクープ5 殺人者の微笑み』(フジテレビで2月15日(土)よる9時~放送)取材班は“世紀の悪女”の逃亡劇に迫った。

発端となったロシアの「隣人女性殺害事件」

ロシア出身のナディア・フォードが、憧れの地・ニューヨークに渡ったのは2007年。故郷に1人残してきた母親アラを気遣い、毎日のように国際電話をしていた。

異変が起きたのは、2014年9月。母のアラが暮らすアパートの隣の部屋に、セレブのような美女が引っ越してきて親しくなったという。その美女こそ、ロシアで窃盗や恐喝などの犯罪を重ねる悪女・ビクトリアだった。

人のいいナディアの母親は「ニューヨークに行く」というビクトリアに、娘へのことづけ、現金6100ドル(約66万円)や高価なコートを預けてしまった。もちろん、その金がナディアに届くことはなかった。

そして2014年10月、事態は急変する。ナディアが何度電話しても母親は出ない。ロシアに緊急帰国するが、アパートから母の姿は消えていた……。クローゼットの中には母が残した「DENGI(お金)」というメッセージ。その言葉どおり、母が部屋に隠していた現金5万ドル(約540万円)が消えていた。

次ページナディアは母を見つけるためにロシアを奔走
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT