いくらで会社はつくれるの?


やっぱり、起業リスクは大きい

 また、会社を創るに当たっての最大の問題は、起業リスクの大きさです。国民生活金融公庫総合研究所のアンケート調査などを見ますと、起業の最大の壁は、「収入の減少」と「失敗時の生活リスクが大きいこと」があげられています。私から言わせると、後者が最大のリスクだと思います。

 金融ビッグバンで金融制度が変わっていると言っても、まだまだ融資には個人保証が要求されています。私の友人のベンチャー企業社長も、個人で数億円の借金を抱えている人がいます。会社が倒産すれば、その借金は全て社長にかかってきます(当然、出資だけで融資ゼロでやっている社長もいます)。

 現在の破産法では、破産した場合、現金21万円(1月の最低生活費)と衣服・寝具・家具が自由財産(差し押さえできない財産)となっていますが、これで暮らせる人はなかなかいないと思います。米国の連邦破産法では、日本の自由財産以外に、居住用の不動産(日本ではほとんど担保に取られます)、乗用車などが差し押さえ禁止財産となっています。

 アメリカがなんでもいいとは思いませんが、こうした制度を見ていると「やはり挑戦の国だなー」と感じます。日本の株式会社は有限責任ではありません。忘れないでください。

 昨年にマザーズというベンチャー株式市場に上場した私の友人は、「親から存続した家は担保にいれ、会社が失敗すれば全てを失う」という状況でした。うまく上場できたから良かったですが、もし会社がつぶれでもしたらとんでもないことになっていたと思います。小さな娘さんもいるんですよ!

 そして、上場で数十億円のお金を手にしても、正直言って私は、それほど友人がハッピーになったとは思えません(ごめんなさい)。人はそれほど多くのお金を必要としていません。「立って一畳、寝て一畳」といいますが、これは正しいと思います。

独立する覚悟

 私も安定した国立大学の先生を辞めて、不安定の極地である政治家になりました。選挙にでると言ったときは、妻のみならず親族の大反対にあいました。みんな言います。「負けたらどうするの?」と。

 選挙もやはりリスクが大きすぎます。ただ、政治家になり、小さいながらも自分の事務所を立ち上げてよかったことがあります。それは、自分の志のためにより多くの時間を使え、自分で人に集まってもらい、自分でお金を集め使う、という「ある意味で自由度が大きい」状況にはなっていると思うからです。

 リスクは高くなりましたが、自分の最大の資産である「時間」を有効に使えるようになったことは幸いです。あと、毎日必死に頑張らないとこの仕事は続かないというのも、いい意味で緊張があっていいと思っています。

 みなさんも、独立というか、やりたいことが今所属されている組織でできないときは、起業もひとつの道として考えられてはいかがでしょうか?ただし、お金のためにやるのは全くお勧めしません。お金を求めて独立しても、人は動いてくれないし、たとえ成功してもむなしいと思います。長い目でみれば幸せにはなれないでしょう!!

藤末健三(ふじすえ・けんぞう)
早稲田大学環境総合研究センター客員教授。清華大学(北京)客員教授。1964年生まれ。86年東京工業大学を卒業後、通商産業省(現経済産業省)入省、環境基本法案の検討や産業競争力会議の事務局を担当する。94年にはマサチューセッツ工科大、ハーバード大から修士号取得。99年に霞ヶ関を飛び出し、東京大学講師に。東京大学助教授を経て現職。学術博士。プロボクサーライセンスをもつ2女1男の父。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT