武漢にできた新型肺炎「コンテナ病院」の全容

写真で追跡 国際会議場が2日間で大変身

武漢の「国際コンベンションセンター」には2段ベッドも設けられた(撮影:財新記者 丁剛)
「国際コンベンションセンター」は1800床規模だ(撮影:財新記者 丁剛)
“コンテナ病院”は緊急手当てや外科処置、臨床検査など多彩な機能を備える(撮影:財新記者 丁剛)
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 会社を変える人材開発の極意
  • 就職四季報プラスワン
  • はじまりの食卓
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
外食 頂上決戦<br>勝ち組・負け組を徹底解明!

頭打ちの市場で激戦が続く外食チェーン。浮き沈みの激しい市場での新しいスター銘柄を、増収・増益率や優待魅力度などのランキングで紹介。マクドナルド、ケンタッキーなどブランド再生の仕掛けや、負け組の再起策も。