武漢にできた新型肺炎「コンテナ病院」の全容

写真で追跡 国際会議場が2日間で大変身

2月2日夜、「武漢市七医院」の外来診察ロビーに並ぶ患者たち(撮影:財新記者 丁剛)
武漢は患者数が圧倒的に多いが、病床が不足している(撮影:財新記者 丁剛)
重症患者を受け入れる武漢の「火神山医院」は約10日という極めて短い建設期間で完成(撮影:財新記者 丁剛)
次ページ国際コンベンションセンターが変貌
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショック、企業の針路
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。