身近でもできる「新型肺炎」に感染しない予防策

初期症状は風邪と区別をつけるのが難しい

新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない中、私たちはどのような対策をとるべきでしょうか? ※写真はイメージ(写真:Deja-vu/PIXTA)
日々の生活の中でちょっと気になる出来事やニュースを、2人の女性医師が医療や健康の面から解説するコラム「ちょっとだけ医見手帖」。今回は「感染拡大が止まらない新型コロナウイルス」について、NPO法人医療ガバナンス研究所の内科医・山本佳奈医師が「医見」します。

中国湖北省の武漢市を中心に感染が拡大している新型コロナウイルスによる新型肺炎。

昨年12月8日に武漢市で原因不明の肺炎患者が最初に報告されたこと、さらに感染者が市内の華南海鮮市場の出店者であることなどを報じられたのが昨年12月31日、流行の起源と考えられている華南海鮮市場が正式に封鎖されたのは今年の1月1日でした。

当記事は、AERA dot.の提供記事です

1月23日には、人口約1100万人の都市である武漢市からほかの都市に向かう地下鉄やバス、川を渡る客船などの公共交通機関の運行を一時停止し、武漢市は事実上封鎖されました。24日には1000床の臨時病院の建設が始まり、2月初旬からは感染者の受け入れも始めています。

スイス・ジュネーブに本部があるWHO(世界保健機関)は1月30日(現地時間)に新型肺炎について「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」を宣言。その後、2月4日に同機関で感染症対策を管轄するチームのトップ、シルビ・ブリアン氏は記者会見上で「現状は、世界的な大流行を意味する『パンデミック』にはあたらない」との見解も示しています。

感染対策を徹底した医療従事者も感染・死亡した

日に日にコロナウイルスによる新型肺炎の感染は中国以外の国と地域でも拡大の一途。また医療従事者たちも感染し、対応にあたっていた62歳の医師が死亡した点にも注目すべきです。感染対策を徹底している医療従事者の感染や死亡は、事態の深刻さを物語っていると言えます。

中国の国家衛生健康委員会は2月5日時点で、2万8000人以上が感染し、約560人が死亡したと報告。日本でも感染者が増加しつつあります。

次ページ初期症状は風邪と見分けがつかないが、とるべき対策は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。