BMWの最高峰SUV「X7」は日本の道でも快適か

圧倒的に余裕のある動力性能とゆったりした室内

「オーケイ、ビーエムダブリュ」の呼びかけで起動する対話型の音声認識システムも備わるし、最新のBMW車のセリングポイントのひとつである、自動後退システム「リバース・アシスト」も搭載されている。

3列めのシートにも大人が座れるスペース(写真:LEON編集部)

リバース・アシストは、速度が時速35キロ以下での走行なら、直近の50メートルの走行ラインをつねにクルマ(のコンピューター)が記憶していて、リバースギア(R)に入れてボタンを押すとステアリング操作が自動で行われながら、クルマが自動で後退していく。

狭い道に入ってしまったときなど、暗くても作動するというので、かなり便利に思うことがあるかもしれない。比較的コンパクトなBMW1シリーズには必要ないかもと思っていても、X7だと重宝しそうだ。

小さな市場という大型SUV。だがX7には光るものがある

3列シートのビッグSUVというマーケットの中でX7 xDrive 35dには競合も多い。「メルセデス・ベンツGLS350d 」「アウディQ7 55 TFSI quattro」「キャデラック・エスカレード」「レクサスLX560」などが思いつく。

X7 xDrive 35dの価格は1099万円。価格的にはメルセデス・ベンツGLS350d 4Matic Sports(1261万円)が近い。小さな市場というラグジュアリー大型SUVだが、個性が際立つモデルが多いのだ。そこにあって、X7にはちゃんと光るものがある。

(文:小川フミオ / ライフスタイルジャーナリスト)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT