BMWの最高峰SUV「X7」は日本の道でも快適か

圧倒的に余裕のある動力性能とゆったりした室内

昨年秋に投入されたBMW 「X7」。最高出力195kW(265ps)@4000rpm、最大トルク620Nm@2000〜2500rpm(写真:LEON編集部)
コンパクトSUV人気に押され気味に見える大型SUV。その美点とは何か? 日本の道で実際に試してみた!

もはやガソリンと遜色なしのディーゼルエンジン

大型ラグジュアリーSUVの市場はかなり小さい、らしい。ってことは、かなりレア。そんなスペシャルな市場に、2019年秋に投入されたのが、BMWの7人乗りSUV「X7」だ。

BMW X7は、Xシリーズと呼ばれる同社のSUVのラインナップの頂点に立つサイズだ。最大7人乗れる3列シートを装備し、豪華な仕上げの内装は、アメリカ市場でも大きな人気という。

長いルーフで実用的なボディだが、ちゃんとBMWだとわかるデザイン(写真:LEON編集部)

全長5165ミリのボディを、3105ミリのホイールベースを持つシャシーに載せている。日本にはトゥーマッチかも? 私は最初このクルマにアメリカで試乗した際、そう思った。ところが、日本で実際に乗ってみると、意外に扱いやすい。

なにはともあれ、X7で感心したのは、そのすばらしい動力性能だ。今回乗った「X7 xDrive35d」は、2992cc 6気筒ディーゼルエンジン搭載モデルである。白状すると、私は乗ってしばらくの間、ガソリンエンジン車だと思い込んでいた。

本記事はLEON.JPの提供記事です

X7に載せられているディーゼルエンジンは、運転していてもガソリンだと思い込んでしまうほど、スムーズなのだ。抵抗なく3000rpmを超えるあたりまですーっと回る。かつ、振動も、騒音もかなり低い。620Nmもある最大トルクが2000rpmから発生するので、加速力にも目を見張るものがある。

いやなバイブレーションが抑えられているのは、乗り心地でも同様だ。サスペンションシステムの設定も(BMWの通例として)任意で変えられる。「コンフォート」だとややソフトすぎるかなと思う場面もあるいっぽう「スポーツ」ではすべてが引き締まって、このクルマのポテンシャルが存分に味わえる感じだ。

次ページ持ち味は大型ボディでありながらドライブが楽しめるところ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT