初公開、50年で「遅くなった」路線ランキング

急行の廃止、新駅の設置など理由はさまざま

この視点も含めて鉄道を見ていくと、輸送手段としての鉄道の性質があぶりだされてもくる。

まずこの50年でのスピードアップ関連の歴史を確認しておこう。新幹線の最高速度は時速210kmから320kmへとアップした。在来線の列車も、幹線を走るものは、ほとんどがスピードアップした。

新幹線に関しては、1964年開業の東海道新幹線しかなかったし、青函トンネルも瀬戸大橋もできていなかった。

所要時間も、新幹線を利用できる区間では次のように大幅に短縮されている。

・東京―新大阪間、1970年3時間10分、現在2時間22分
・東京―札幌間、1970年17時間20分(在来線、青函連絡船経由)、現在7時間44分(東京―新函館北斗間新幹線)

遅くなった路線ランキング1〜29位

一方、遅くなった(所要時間が増えた)ほうに目を向けてみると、ランキング1~29位までは以下のとおりである。

・1970年に国鉄だった路線が対象で、表記路線名は現在のもの ・始終点は正式な路線区間ではなく、列車運行区間を考慮したもの(例:仙山線は正確には仙台―羽前千歳間だが、一つ先の山形までで算出) ・新幹線の並行在来線、および列車の運行系統が大幅に変わってしまった函館本線、根室本線、山陰本線などは対象外とした ・早朝6時台以前や夜22時以降発着の列車は一部対象外 ・只見線1970年当時の急行は、冬季など運休期間があるが掲載 ・『国鉄監修 交通公社の時刻表』1970年8月号、『JTB時刻表』2020年1月号による。飯山線は1970年災害不通区間があり、1969年5月号時刻表による
次ページ遅くなった理由は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
  • 占いのオモテとウラ
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT