初公開、50年で「遅くなった」路線ランキング

急行の廃止、新駅の設置など理由はさまざま

4、5に関しては、通学や近距離の乗客に対して「スピードよりも利便性の重視」へと転換した路線といえよう。

30位より上も含めて見ていくと、第三セクターに転換した路線に途中の新駅設置が多い。9位の松浦鉄道(旧国鉄松浦線、長崎県など)が50年前32駅から現在57駅へ、25位の平成筑豊鉄道伊田線(旧国鉄伊田線、福岡県)が6駅から15駅へ、33位の平成筑豊鉄道田川線(旧国鉄田川線、福岡県)が7駅から17駅になどで大幅に増えている。

また、56位の甘木鉄道(福岡県など)では、1970年の国鉄時代、1日9往復だったのが現在平日42往復へと激増した。9往復時代は途中列車交換(行違い)なしだったが、現在途中3つの駅・信号場で列車交換をしている。駅数も7から11へと増加した。基山―甘木間の所要時間は2分遅くなったが、遅くなった路線の中では最も利便性が高くなった鉄道だろう。

線路状態の悪化で「遅くなった」路線

遅くなった理由は各路線まちまちで、複数の理由が当てはまる例が多い。無人駅の増加もランキングに現れた多くの路線にあてはまる。

線路状態の悪化に関しては、典型的な例として7位の木次線を挙げてみたい。数年前下り列車に乗車した際、終着の1つ手前の油木駅から備後落合駅の間、下り勾配が続く中国山地のなか、列車は時速25kmくらいの徐行を繰り返していた。「いったい何分遅れて備後落合駅に着いたのか」と思っていたら、列車は定時到着だった。

徐行の連続を前提にダイヤが組まれている。この駅間の所要時間は現在14~15分。1970年は線路の整備が行き届いていたのか所要10~11分。当時徐行はしなかったのだろう。昭和15年の時刻表をひもとくと、小型SLが引く列車にもかかわらず所要14分。現在よりも速かった。

房総半島の山中へと延びるJR久留里線(千葉県)や、松阪牛で有名な松阪から紀伊半島の山中へと分け入るJR名松線(三重県)、前出のJR只見線など、いずれも線路改良が進まず最高速度は65kmの路線である。のんびりと汽車旅を楽しむにはうってつけの路線にも注目したい。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT