タワマンにも参画、不動産はJR北海道を救うか

民営化から30年超、暗中模索の不動産開発

そんなJR北海道にとって道しるべとなりそうなのが、2016年10月に上場を果たしたJR九州だ。いわゆる「三島会社」として、本業に頼れなかった点では北海道と共通点がある。

JR九州は首都圏にも進出

JR九州の不動産開発も、順風満帆だったわけではない。1989年に福岡市内で1号物件を開発した分譲マンション事業においては「当初4名でスタートしたが、建物の商品企画や建築に追われ、用地取得方法の改善やノウハウの蓄積が不十分だった」(JR九州)。JR北海道同様、バブル崩壊後は開発スピードが低迷し、年間1棟にも満たない供給が続いた。

それでも、博多を筆頭に九州全域や首都圏にも開発の網を広げ、供給戸数は2019年時点で累計7655戸に達した。近年は収益物件の取得も積極化し、2011年3月の「赤坂山王センタービル」を皮切りに、都内ではこれまで4棟のビルを取得した。

九州に比べて商圏の狭い北海道だが、北海道新幹線の開通やニセコリゾートの隆盛など追い風も吹く。幸いにして道内の不動産市況は堅調だ。オフィス仲介の三鬼商事によれば、札幌中心部のオフィス空室率は1.91%とかつてないほどに低い。地元の不動産業者によれば、JRタワーの賃料は坪2.3万円という高水準で動いているようだ。

冒頭のタワマン開発において「先生役」となった大京は、「JR北海道は道内で非常に大きなブランド力を持っており、物件の認知度向上など相乗効果が期待できる。車内広告の掲示やJRタワーでの契約会といった協業も進めている」としている。国からも経営改善を急かされている中、地元企業というブランド力を磨けるかがJR北海道の命運を握りそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
  • 今見るべきネット配信番組
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT